鈴林です。野生のラスボスが現れた!の1巻のネタバレ込みの感想を書いていこうと思います!これも、やっぱりpixivコミックでコミカライズされてるのを読んで、それで原作を買ってみた、というオチw

異世界転生?もので、これは男の子のネトゲプレイヤーが自キャラの最強女の子に転生するというもの。異世界転生もの読み過ぎぃ!って思うけど、ありふれているから仕方がないよね!!ラノベはもう、異世界転生ものばっかり読んでる。

異世界に行きたすぎだぜ!

ネトゲとかRPGとかのゲームをやったことがある人や、やりこみ要素が強いゲームをやって、自キャラに愛着を持ってる人が読むとより感情移入できるかもw

野生のラスボスが現れた! ネタバレ 1巻

→野生のラスボスが現れた!1巻を読んでみる!←

描写が細かい

上から目線で本当に申し訳ないけど、この「野生のラスボスが現れた!」はすごく描写が細かい。そーいうところが上手いね!他の「小説家になろう」作品とは違うところを感じる。描写が細かくて上手いのってそれだけ場面を伝えやすいということにも繋がるし。

読みやすし描写上手いし良いとこばっかりだと思う。アリエスとの思い出話とか、メグレズが守る都市の感じとか、伝わるし読みやすい。

結構ページ数はあるけど、読んでいて全く苦にはならない。達成感を感じられるページ数だと思う。

大体の説明

異世界転生…?というか自分のキャラに憑依?したのがこの作品。元の主人公は男の子で、ネトゲが大好きな子。自分のキャラをめっちゃ育ててレベルMAXにして、ネトゲの世界を一時支配した。

けど、一強状態だと面白くないからって他のプレイヤーと協力してお芝居…ではないけど二つに分かれて戦って、主人公ルファス側は主人公のみ。でもルファスは強いので引き分けくらいになりそう…だったけどルファスは負けてしまう。

公式のラスボスよりも目立ってしまい「もうこいつがラスボスでいいよ」とか言われるくらいに、ネトゲプレイヤーたちにも人気があったルファス。

ネトゲでいうプレイヤーイベントで、「ラストイベント」的なことが行われたって感じだね。ラスボスに匹敵するくらいに強いキャラがいるってのがまずすごい。キャラの見た目を超細かく変えられるのもいいよね。

キャラメイクはやっぱり個性も出るし。モンスターも仲間にできるし、その幅も広い。クラス、職業もたくさんあるしスキルも多いから飽きないし。やり込み要素がたくさんあるネトゲ!主人公は課金もしてるからさすがですわ~。

見た目装備だけじゃなくて強い装備とかも課金になってるところがドラクエ10とは違う…。

「育てるなら女の子」ってことで女の子キャラでプレイしている主人公の気持ちわかる~~。すごいわかる。でもまさかその女の子になるとは…wだったら男キャラでやればよかった…ってなるよねぇ…。だって男の楽しみが無くなるってことだもんなぁ…w

急に襲う女の悩みw初版本限定でついてきた「野生のラスボス、風呂に入る」が斬新だったwそうだよね…女にもう欲情しないよね…!

恐れられる存在ルファス

この話はきっと、かつて伝説の存在とも言われていたルファスが弱体化してしまった敵や英雄をなぎ払ったりしていくのを「SUGEEEEE」って見ていく話し…だと思うんだよね!

プレイヤーイベントで負けたはずの野生のラスボス、ルファスが次の日普通~にインするのもちょっと気まずいよなぁ…wログイン表示にしなくても他のプレイヤーには見えているわけだし。

でも…インしたらしたで「昨日は面白かったぜ!」とかみんな言ってくれると思うんだけどね。プレイヤーイベントがきっかけで異世界行けるとかいいなぁ。

ルファスちゃんが最強すぎて読んでいて安心するわwもう努力とか必要ないし。というかレベルカンストだし、今更新しいクラスもならないだろうし、必要ないもんね。

ルファスが封印されてる間に敵も味方もレベルの最高基準が下がりに下がってルファスには物足りない状態。だけど敵からしたら「え!?こんなに強い奴いるの!?」くらいの状態wそのギャップがまたすごいw

雑に説明するなら…ルファスがひたすら恐れられている世界で、正体を隠して十二星天を集めていくルファスの勧善懲悪?ものって感じだよね。

恐れられてるルファスだけど、中身は最近までネトゲをプレイしてた子だからギャップに笑うw

十二星天が街や人々を恐れさせてるって聞いた時も「マジかぁすまんすまん」的なテンションなのに笑ったw「人様に迷惑かけてるとかホント胃が痛いわぁ」というテンションでいるなんて面白いw一応「野生のラスボス」って言われてるのに!優しいな!!w

→野生のラスボスが現れた!1巻を読んでみる!←

話とは直接関係無いけど…

直接は関係ないけど、途中…メグレズの挿絵変だよね!?絵が描けないあたしでもわかるけど首太すぎだよね!?そう見えるだけなの!?とも思ったけど…いやいやいやこれは首太すぎでしょう…。

他の絵だとメグレズの首…太さ普通だもん…wどうしたんだろう…他のところは普通なのに…w

頭空っぽにして読もう!

後書きで作者さんが言ってるけど、本当にそうだと思う!深く考えないで、「TUEEEE!」「SUGEEE!」ってのを読みたいなら超オススメ。

細かいことを考える余裕もない位に、全てがいい感じに進むから「もしかしてこれは…?」とか思ってる間にその伏線を回収するよwアリエスの暴走を手助けしていたと思われる魔神族のマルスですらワンパンで倒せる超人ルファスたんだからね。

ルファスいれば、マジでラスボスも倒せるじゃないですかぁ~って思うけどそれにはまず十二星天を集めてく感じ。初期の無印デジモンで言う、1話ずつデジモンが進化できるようになっていく感じなんだろうかね。

ルファスがわからないことは、参謀のディーナちゃんが教えてくれるし、ゲームの基礎知識はルファスが教えてくれる。ルファスがそもそも強すぎるしステータスも細かいし、ルファスのステータス良すぎるから…もう何も言うことがないw

ただただ強い。強者の蹂躙になってしまうんじゃ…ってレベルで強いw

ひどいこと言うと「面白かったーー!」くらいしかはっきりした感想が出せないwそれくらいに…特に何も残らないw

ネトゲだからここまでやり込むことができたんだよね、って描写には「なるほど」と思ったけど。実際命が一つしかなかったら、死ぬかもしれない修業はしないしね。

ネトゲをプレイしている時には、こんな演出だったけど、実際にゲームに入ると誤差あるのかぁ…とか、異世界に行ったことが無いのでわからないけど「ありえそう」な感じのことも出てくるね。

ネトゲをプレイしたことがある人なら、より主人公に感情移入できるかも。プレイヤーイベント、それも戦う系のプレイヤーイベントやったことあるなら、もうすっごく七英雄のプレイヤーの気持ちがわかるかも。

ゲームの中からしたら、プレイヤーって天上の人って感じだもんなぁ…。プレイヤーの意図が入ってないのは仕方のないことなのかしら。

→野生のラスボスが現れた!1巻を読んでみる!←

Twitterでフォローしよう

こんなのもオススメですよ