鈴林です。SNSの毒女たち6巻のネタバレと感想です。

一度気になって読み始めたらあっと言う間に6巻まで読んでしまった。今のところどれも違っていて面白い。こうなってはいけないな…とも思うし、ちょっと間違えたらなってしまいそうだな、とも思う。

SNSの毒女たち ネタバレ 6巻

→SNSの毒女たち6巻を無料で読む!←
マンガ・雑誌タブで「SNSの毒女」と検索!

SNSの毒女たち 6巻 ネタバレ

あっくん
今日もバイト疲れたー
明日は休みだ!
やよい
あっくんお疲れ様!
明日はどこかでかけるの?

あきらの母はツイッターの画面を見て1人「ふふっ…」と笑う。

 

「あれ? 母さん?」

あきらに呼ばれて一瞬どきっとしたが、いつも通りに話しかけるあきらの母、みさき。

 

 

「あきら、お疲れ様。一緒に帰りましょ♥」

「何? 待ってたの? 寒いだろー?」

 

みさきはあきらと一緒に帰りたかったと答えると、「もうオレ子どもじゃないんだから」と返されてしまう。

 

「何言ってるの! お母さんがいる限りあきらは子供でしょ!」

 

このやりとりはいつものことなのか、あきらに「はいはい」と流されてしまう。

寒いと言って指に息をかけるあきら。あきらの左手薬指には指輪が光っていた。

その指輪を見て、悔しいような苦い顔をするみさき。

 

 

あきらに彼女ができたのは、おそらく半年前ほど…とみさきは考えていた。

わかったきっかけはずっと監視していたSNS。恐らく相手は大学の子。

 

2人にしかわからないようなやり取り、そして手つなぎ写真。

母親のみさきにも少しよそよそしくなってイライラしていた。

 

見慣れないマフラーをしているので聞いてみると、「友達に誕生日にもらった」と答えるあきら。

しかし母のみさきもカシミヤのマフラーをあげていた。

 

「お下がりは嫌なの!?」

と怒ると、「ピンクだってからかわれたんだよ…。それで見かねた友達がコレをくれたんだよ…」と謝った。

 

『嘘つき…本当は彼女がくれたんでしょ…?』

 

そう思ってはいても、許してあげる素振りを見せる。

 

『隠し事は許さないけどね…。

絶対隠させたりしない。あきらのSNSは動きがあると通知が来るようにしているもの…』

 

 

あきらは寝ると言って部屋に戻った後、みさきのスマホに「あっくんがツイートしました」と通知が来た。

確認すると、SNS上で「ショーコ」というアカウントと「あっくん」が会話している。

 

「ショーコ! また…!!

あきらに馴れ馴れしくして…!!」

 

2人の会話を見ていると、やはりあきらがしていたマフラーは彼女であるショーコがあげたものに違い無いようだった。

 

「やっぱりあのマフラー…ホント邪魔くさい女…!!」

 

みさきは「やよい」というアカウントで「あっくん」にDM(ダイレクトメッセージ)を送信した。

「やよい」と「あっくん」はSNS上で既に知り合いになっている中で、突然DMが届いても特に不審がられないような関係だった。

 

DMで

やよい
ショーコちゃんと付き合ってるのよね。
いいな…私あっくんが好きだったんだけど…
今更こんなこと言ったら迷惑だよね…

と告白を始める。

 

あきらはドキドキしながら返事を返した。

あきら
マジか…嬉しいよ!
でもオレ、やよいさんが25歳のOLとしか知らないし…ゴメン…

と断りの返事を送る。

みさきは「フォローしてからずっと好きだった」などと言って、あきらの心を揺さぶる。

 

「あら、あきら。寝たんじゃなかったの?」

あきらが部屋から出てきて、「み…水!」と言って真っ赤な顔で水を飲みだした。

風邪でも引いたのか、と聞くと

 

「なんつーか…モテ期きた? って感じ…」

 

と高揚したように話す。

みさきは

「ふぅん…。色んな女の子に手を出しちゃダメよ?」

とあくまで母親らしいことを言った。

 

水を飲んですぐに部屋に戻ったあきら。

 

『やよい。明らかに息子が気になってるのは気づいてた。

いつも優しくて気が利いて、丁寧で的確なアドバイスをくれる年上の女性…。

そりゃそうよ。だって「やよい」は私だもの。

若いだけのショーコより、ずっと魅力的でしょ…?』

 

あきらが寝たであろう、午前2時半。

ショーコからあきらに贈られたマフラーをこっそりと、外で燃やす。

 

「ふふ…明日ショーコはどんな顔するかしらね…?

ふふふっ…くすくすくす!!」

 

次の日、あきらがマフラーを探すが見つかるわけもない。

あきらは机の上に置いた、と言うがみさきは「あなたの部屋になんて入らないもの」と嘘をついた。

そしてみさきがあきらにあげたピンクのマフラーを代わりに渡す。

 

「ほら、私があげたやつしていきなさい」

 

「いやいいよ、今日は無しで行くわ。」

 

あきらはマフラーをせずに出ていった。

 

大学ではショーコが

「えーーー! マフラー失くしちゃったのぉぉ!?」

と、あげたばかりのマフラーを失くされたことに悲しみ怒っていた。

 

プレゼントしてからまだ3日しか経っておらず、限定品で並んだというのに失くされてはたまったものではなかった。

しかしあきらは「ちゃんと探すから…」と謝らない。

 

「私カノジョだからはっきり言うけど、こういう時一番にごめんだと思うよ!

なんで言い訳するの!?」

 

と怒ると、あきらは繰り返すように「ゴメンナサイ…ゴメン。ホントにゴメンナサイ…」と言い始めた。

ショーコはその様子にイラっとして「もういい!」と言って1人あきらを置いていく。

 

みさきは仕事に来ていた。もちろん仕事中はスマホを触ることができない。

なので…パソコンからあきらのアカウントをチェックしていた。

 

あきらのツイートを見て、ショーコとケンカしてしまったであろうことを読み取ると…

みさきは「ちょっとお手洗いに」と言って席を外した。

 

そして「やよい」としてあきらに話かけ、事情を聞き…慰める。

細やかにフォローすることで、優しいやよい、という存在を作っていた。

 

『早くショーコなんかと別れちゃいなさいよ…!!』

 

 

家で晩ご飯を作って待っているが、一向にあきらは帰ってこない。

その日はバイトが無いはずだった。

その時スマホに「あっくん」がツイートしたと通知が届く。

 

そこには

あっくん
仲直りできた!
よかったぁ~~!

と、指を絡める写真が添えられていた。

 

「私はほっといて、彼女と仲直りしていたって言うの…?」

 

イライラしていると、あきらが帰って来た。

 

「遅かったわね? 今日バイトだったんじゃないの?」

と聞くと、「サークルの仲間と遊んでた」と答えるあきら。

 

「もうっ心配したのよ、連絡ぐらいしてよ!

ご飯も冷めちゃったし! 一体誰と…」

と小言を続けていると

 

「母さん、オレもう小さな子供じゃないから大丈夫だよ。

あんまり詮索しないで?」

 

と拒否されてしまう。

 

『あきらがあんなこと言うなんて…。

あの女の…ショーコのせいで…!!』

 

みさきは「やよい」としてあきらにDMを送り、ショーコとどうなったのか聞き出して行く。

「25歳のOL」という設定を活かし、

「彼女とエッチしてきたでしょ!?」

ということまで聞いていくみさき。

 

あきらが言うには最後まではしていない、らしい。

みさきは、

やよい
お互いまだ学生でしょ? 何かあった時困ると思うんだよね…
初めての相手は大人の方が良いと思うんだけどな…恥ずかしいけど、やっぱろあっくんが好きだからアピールさせてね

と言って、美人の女性の写真をアップする。

あきらは「ヤバッ…美人じゃん!!」と食いついた。

 

みさきは「やよい」として

「まだあっくんを諦められないの…」

と誘惑を始めた。

 

案の定、その日から

あきらから「やよい」へのDMは増えていった。

天気の話や、昼食の話など日常のちょっとしたことを報告しあう関係。付き合っているかのような会話。

 

あっくん
ね! 自撮りもっと送ってよ!
やよいさん見て癒されたい♡

というメッセージも来るようになったが、「またそのうちね♥」と引き延ばしていた。

 

 

『確実にあきらは、「やよい」を好きになってきている。』

あきらの彼女であるショーコのツイートはイライラしてきていた。

 

『そろそろ別れ時かしらね…♥』

 

 

「いい加減にしてよ! 私といる時もスマホばっかり見てて!

私なんかした!? したなら謝るよ! 最近デートもしてくれないし!」

 

大学ではショーコがあきらの行動を見かねて本当のことを聞き出そうとしていた。

しかしあきらは

「なんもしてないけど、ショーコちょっとワガママすぎかなって」

とぼやかすようなことしか言わない。

 

ショーコは涙を浮かべながらあきらと話を続けているが、あきらはずっと心ここにあらずという調子で会話を続けている。

そんな時あきらのスマホからピコンッと音がして、あきらはまたスマホの方を向いてしまった。

 

「また…!! 誰と浮気してるのよ!!」

ショーコがあきらのスマホをバッと奪い、画面を見ると…

 

「なに…コレ…!?」

「…?」

 

 

「今日はカレーにして、『偶然私も』っていう流れに…♥」

みさきは家の晩ご飯と、「やよい」のご飯を一緒にしようと計画していた。

 

『ショーコと別れさせたら、あとは「やよい」が消えてしまえばこっちのもの…』

 

 

カレーはできたが、あきらはなかなか帰宅しない。

 

「遅いわね…まさかまた仲直りして…?

今度こそ最後までしてるんじゃ…!」

 

「やよい」としてあきらにDMを送ると、

 

「…いいよ」

 

と返事が返って来た。

さすがに彼女と別れて落ち込んでいるのかと思ったが、表面上は気づかない振りをしなければいけない。

 

「ショーコちゃんと一緒?

私ヤキモチやいちゃうな…」

と寂しがるようなことを言うと、

 

あっくん

それよりやよいさん、

あの写真は本当にやよいさんなの?
ウソついてるよね?

と核心をついてきた。

 

その後アップされた写真には、

あきら・ショーコ…「やよい」として自撮りをアップした女性が3人一緒に写っていた。

 

「な…! この人は…!?」

 

あっくん
この人はショーコのお姉さんだよ。元の写真も見せてもらった。
やよいさん、あなた…一体何者なんだ…?オレのシフトも食事の時間も、彼女といることも知ってて…
なぁ、よく考えたら気持ち悪いよ…?

 

みさきは混乱し

「それはあきらくんのツイートを見てればわかることで…!!」

と返信してしまう。

 

「オレはSNSではあっくんとしか名乗ってないよ?」

 

「いや…違うっ違うのよっ」

DMでのやり取りで声は聞こえないはずなのに、つい声に出して言い訳をしてしまうみさき。

 

 

あきらのスマホに「母さん」から電話がかかって来た。

 

「…ハイ?」

 

「あきらっ

いいから早く帰ってきなさい!

いつまでショーコと一緒にいるつもりなのよ!!!」

 

「…なんでオレがショーコと一緒にいるって知ってるの?

オレ、彼女いるとも言ってないし名前も教えてない。

今一緒にいるのも言ってないよ。

なんで知ってるの?」

 

「…っ」

 

母親のみさきは何も言えないが、あきらは続ける。

 

「オレ気づいたんだよ。

弥生みさき、母さんの旧姓だよね?」

 

「やっ…やよいは私じゃないわよ!?」

 

「なんで『やよいさん』を知ってるの?

ずっとオレのこと監視してたのか。

嘘ついて、オレの彼女になりたがって、

おかしいだろ!? 気持ち悪いんだよ…!!!」

 

みさきは膝から崩れ落ちてしまう。しかし…

「ば、馬鹿なこと言ってないで!!

早く帰ってきて!! 謝った良全部許してあげるから!」

 

「許してくれなくていい。

そうやってオレを征服して、オレの成長も喜べなくて、

母親なんて言うなよ…!

 

もう帰らないから。

さよなら『やよいさん』」

 

「あきらぁぁぁぁ!」

 

電話は切られた。

 

その後、SNS界隈であるうわさが流れた。

それは、「あきら」という名前のアカウントは「やよい」から怖いDMが届くという…都市伝説…。

 

→SNSの毒女たち6巻を無料で読む!←
マンガ・雑誌タブで「SNSの毒女」と検索!

SNSの毒女たち 6巻 感想

うわぁ~~~~~‥‥これは、これはキモい。

男の人ならこの話のキモさがより伝わるんじゃないだろうか。怖いしキモいし…毒女というか、毒そのものというか…w

 

てっきり、あきらは既に結婚していて嫁にイライラしているのかと思ったら…w

あきらはまだ結婚もしてないのかよ。大学生で、初めての彼女? ができて童貞捨てられるかどうか…とかその段階なのにこの粘着…!!

父親が出てこないところを見ると離婚か死別なんだろうけど、どっちにしてもこれはキモい。

 

息子のSNSをみつけてフォローする…まではまぁアリだよね。やしろあずきさんのお母さんだってしているしw まぁアリだよ。

見る分にはアリ。

他人のフリをして接触……。ショーコのお姉さんの写真を勝手に使わなければアリだった…かなぁ……。

性質が悪いのに変わりはないけど、なりすましよりはマシだった。

 

「それはやっちゃダメだろう」を軽く超えてくるのがキモい。

彼女からのプレゼントを燃やしたりするし、あきらの幸せを願っているのか疑問だわ。こーいう奴は時間が経ったらそれはそれで「いつ孫を見せてくれるの?」とか言い出しそうで怖いよ。

ラストの自爆は…さすが「お母さん」って感じ。

 

「あっくん」としか言っていないあきらに電話かけちゃうところが、なりきれていなかったってところだし現実と嘘がごっちゃになってしまったって感じがする。

あきらは「もう家に帰らない」と言うけど、荷物もあるしお金もあるし…家には戻るんだろうけどもう関係修復は難しいだろうな。

10年とか20年とか経過して、あきらも大人になって幸せになってからやっと「許そうかな?」と思えるレベルのことだと思うわ。

 

あきらの彼女のショーコも満点の存在ではないけど、このくらいの年なら…というか彼氏との付き合いでは割とよくあるケンカのはず。

せっかくあげたマフラー失くされたらそりゃ悲しいわ。

 

つーかツイッターでカップルが会話するなよw LINEとかあるでしょw

 

ラストの「変な噂」ってのは、このお母さんの暴走だろうな。「あきら」と名のつくアカウントに話しかけまくって謝りまくってるんだろう。

でも…もう戻らないっていうオチかな。

FODでポイントもらって実質無料で漫画を読もう!

動画配信だけだと思いきや、漫画も読めるFOD(フジテレビオンデマンド)。実は漫画が読みたい人にもオススメなんです。

Amazonアカウントで支払いすれば1カ月間無料になります!Amazon Pay(アマゾン ペイ)というやつで、Amazonで買い物したことがある人だったら、すぐに使えるしすぐに済むってのが最高…!

月の始めには毎回100ポイント付くし、「8」のつく日には毎回400ポイントが付く。

1か月に「8」の付く日は3回あるから、月初のポイントと合わせて毎月最大1300ポイントもらえる!

無料期間中に解約すれば、もちろんお金はかかりません。

無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができるので、お得に漫画を読みましょう!

→SNSの毒女たち6巻を無料で読む!←
マンガ・雑誌タブで「SNSの毒女」と検索!

Twitterでフォローしよう

こんなのもオススメですよ