鈴林です。ゴミ屋敷とトイプードルと私 ネタバレ ラブと癒やしとホントの私、2巻のネタバレと感想です。

明日香の話2個目。2話目、でいいのかな?

この話は…ア〇ウェイとかそういう系のところを表しているのかなぁ~?w 個人的には、サヤの港区会デビューよりもこっちの方が怖い気がする。

そしてこっちの方が面白く感じる。明日香の方が自分と共通点をみつけやすいからかしら?

ゴミ屋敷とトイプードルと私 ネタバレ ラブと癒やしとホントの私 2

ゴミ屋敷とトイプードルと私 ラブと癒やしとホントの私 2_R→ゴミ屋敷とトイプードルと私 ラブと癒やしとホントの私 2を無料で観る!←

ゴミ屋敷とトイプードルと私 ラブと癒やしとホントの私 2 ネタバレ

豪華な扉に

「本日貸し切り アンジェリングルヒーラーセミナー

会員限定パーティー F Dining」

と貼り紙がされている。

 

「あっすーお疲れー。今日も大活躍だったね。

ヒーラーセミナー予約者数目標達成! またたくさんの人たちに光の導きを示せたね」

セミナー中と違って軽い雰囲気のリョウヤが、明日香に話しかける。リョウヤの言葉を聞いて、周りにいる人が明日香に「おめでとー」と声をかけ拍手を送った。

明日香は誇らしげな笑顔をリョウヤに向けていた。

 

まるで女王のように椅子に腰かけている純深叶(すみか)が明日香に声をかける。

「すごくいい風向きになっているわ。

明日香ちゃんのオーラがゴールドに近づいているもの。チャクラが開いて宇宙とつながる道ができているのね。

その時はもうすぐよ。」

 

純深叶(すみか)の微笑みでうっとりしながら、

明日香が

「純深叶先生のようなスーパーヒーラーになりたいです! 純深叶先生のようなきれいでパワーのある憧れの存在に…」

と言うと純深叶(すみか)は

「なれるわよ」と言って、過去の自分の話を始めた。

 

明日香は純深叶(すみか)の話すどん底からの復活劇が大好きだった。

 

純深叶(すみか)は明日香くらいの頃はDVをする夫と離婚し無職、更に身体も壊している状態で2人の子供を育てていたという。

「死も考えたわ」と物憂げに話す。

「家族とは断絶してたの。特に実家に居座っている独身の姉と折り合いが悪くて…帰る場所もなかった。

これがその頃の私よ」

 

そう言って出した写真には、今のきれいな純深叶(すみか)とは比べ物にならない女性が写っていた。

その写真を見たリョウヤは

「これが純深叶(すみか)先生!? 信じられないよ!」

と声をあげる。

 

しかし明日香は何度も見たことがある、ということを知っていた。わざとらしい、とすら感じる明日香。

 

「ひどいでしょ。カルマを抱え込んでいて、毒素で満ち溢れた身体。負のオーラが渦巻いているわ。」

 

純深叶(すみか)の話を聞いて、明日香も自身の過去のことを思い出していた。

 

 

1年前の明日香は、実家で倒れた父の介護を続けていた。

ベッドから落ちた父親はトイレにも一人で行けない身体になっていたが、何とか自分で行く努力をしていた。しかし望みは叶わず、部屋で倒れたままその場で漏らしてしまっていた。

 

「なにやってんのよ!」

「トイレに…」

「勝手に動くんじゃないわよ! ほら! 全部もらしてるじゃないの!!」

「じ…自分で…」

 

「できるわけねーーだろーが。

仕事増やしてんじゃねーよ。あーーもう! くさいくさいくさいくさい」

「ううう…」

 

片腕で鼻を抑えつつ乱暴に父親のズボンを脱がす。

その声を聞いた姉が、すぐにふすまを開けて

 

「明日香! お父さんに優しくしろって言ってるでしょ! 厄介者はあんたの方なんだからね!」

と小言を言う。

 

(自分は一度だってオムツ替えしたことにくせに…)

そうは思うが口には出さない。

 

部屋でお菓子をガツガツと食べ、ニヤニヤしながらSNSにウソの日々をアップする。

何か口にしていないと自分が消えてしまいそう、と考えて食べ続けると…あっという間に15kgも増えてしまっていた。

父親のうめき声が聞こえても、明日香はお菓子を食べながらスマホを見るのをやめなかった。

 

 

明日香がふと気づくと、純深叶(すみか)の復活劇は、アンジェリングルに出会うところまで進んでいた。

 

「ある日光が見えたのよ。知らない道をその光を辿って進んだの。なぜか私はこの先に希望があると確信していたの。

たどり着いたのが、アンジェリングルの本部だったのよ」

 

(ここはいつもちょっとずつ違う。猫に案内されたとか、光る小石を辿ったとか…。

でも細かいことはどうだっていい。)

 

明日香の場合はネットだった。

明日香のあげるウソのSNSは誰も見なくなっていたので、もちろんコメントも付かない。

そんなある日、

見ているよ。
http//an******ling****

とコメントがついた。

 

半信半疑でURLをのぞいてみると…そこにはヒーリングサロンアンジェリングルのおかげで

出世した・夢が叶った・お金がどんどん入ってくる・何もかもうまくいく・誰からも好かれる……

という経験談が笑顔の写真と共に掲載されていた。

 

明日香の心を最後に推したのは

こんなはずじゃなかった、と諦める前に自分の人生を取り戻しませんか?
光輝く未来をその手につかみましょう。
人生を好転させる術はここにある。
今がその時です。

という言葉だった。

明日香は純深叶(すみか)に

「もう大丈夫よ」

と迎え入れられたような気分だった。

 

 

「信じらんなーい! 50歳なんですかー!?

うっそ、うそうそ~~! 純深叶(すみか)先生きれいすぎですーー!

 

女の子が純深叶(すみか)の年齢を聞いて大げさに驚いている。

しかし純深叶(すみか)の年齢はHPでも「奇跡の50歳」と掲載されている。明日香は確認不足の女に呆れた。

 

純深叶(すみか)は嫌な顔1つせずに女の子と会話している。

 

「体の中を浄化して、常にハッピーな状態でいれば年齢なんて飛び越えることができるのよ」

「すごいすごーーーい! 浄化ってどうやるんですかっ!?」

 

「お水をたーくさん飲むこと。

アンジェウォーターよ」

トン、と花の絵がちりばめられたボトルをテーブルに乗せる。

 

「今回初めてご紹介する限定品なの。

1本1本丁寧にレイキパワーを封じ込めた特別なお水よ。南フランスのパワースポットでくみ取っていているの。

個人的に搬入していたんだけど、大切なソウルメイト(みなさん)にもお分けしたくて…。

これを朝晩に飲んでいるの。それ以外は何もしていないわ。」

 

「ええーーー!? それだけで!?」

「そのお肌!?」

「このお水いくらなんですか!?」

 

「1本1万円」

テレビショッピングであればここで沸くが、アンジェリングルに集まった女性たちも値段を聞いて固まってしまう。

純深叶(すみか)はクスっと笑い、

「私がここに入った当初は、それはひどい容姿だったわ。心も荒んで、それが外見に出ていたのね…」

と話し始めた。

 

「レイキの修行をしてこのお水を飲むようになってからは悪いものが全て体から出ていった。

見る見るうちにニキビも肌荒れも脂肪も無くなったのよ。

皆さんにも奇跡を実感して欲しいわ!」

 

と宣伝するが、水に1万円という高価さにたじろぐ女性たち。

 

そこに明日香が手を上げ、

「私は買うわ!」

と宣言した。

 

「純深叶(すみか)先生みたいになれるならこれぐらいわけないわ。だってこのお姿で50歳よ!

エステに行ったり、高い化粧品をやめていいんだから安いものだわ。

10年後の自分に投資するのよ!」

 

と言って、1万円をテーブルにぱんっと出した。

 

そしてすぐにアンジェウォーターを飲み

「おいしいっ! 全然ちがう!」

と笑顔で告げる。

 

それを見て、先ほどまで買うのをためらっていた女性たちは

「そうね…水だけでいいのなら…」

と次々に購入意欲を出し始めた。中には10本買うという者もいる。

 

しかし純深叶(すみか)は

「あらごめんなさい。このお水は特別なものだから、そんなに数は無いのよ…」

と限られた数しかないと伝えた。

 

それを聞いて、買う意欲のあった女性たちは険悪な雰囲気に。

 

「私は倍の値段を出すわ!」

「私が買うわ!」

「お金ならあるわ! 私が買うのよ!」

と競ってアンジェウォーターを買うようにまでなってしまう。

 

最終的に1本1万円の水は、12本で80万円にまでなり10人が購入した。

※1本66,000くらい。

 

今回は定期的に行われる懇親会。

アンジェリングルの会員たちが純深叶(すみか)を囲んで楽しむ会で、ここではカルマからの解放が目的だった。

ここには、欲望に忠実な会員限定で呼ばれる。

 

 

「イエーーイ! 盛り上がってますか~?

お邪魔~~!」

突然イケメンたちが会場に入ってきた。純深叶(すみか)が呼んだホスト達のようだった。

 

「お金がお金を連れてくるのよ。お金にお友達をたくさん作りなさい、と言って手放すの!

そーれ!」

 

純深叶(すみか)は掛け声とともに、持っていた札束を放り投げる。

飛び散る札束を嬉しそうに拾い集めるホスト達。

 

君臨する女王のような純深叶(すみか)、そして女王にかしずくホスト達。

 

「お金はハッピーで満たされることに惜しみなく使いなさい。

お金ちゃんは楽しいことが大好き。あなたが満たされれば、何百倍のお友達を連れて帰ってくるわ。

お金を使いなさい!」

 

純深叶(すみか)の言葉をうっとりするように聞く女性たち。

 

「ではみなさん楽しんで。

あとはお好きにどうぞ。」

純深叶(すみか)はホストを2人ほど連れて、部屋を出ていった。

 

残ったホストは会員たちをもてなしている。

 

リョウヤが明日香に耳打ちする。

 

「あっすーまた良い働きしたねー。先生が、あっすーは幹部候補だって言ってたよ。

はい、今日の命題。スーパーヒーラーになるためには必須だよ、頑張って」

 

明日香ちゃんへ
お水を
1000本売りなさい

と書いてある。

 

「1000本!? 無理に決まって…!」

「大丈夫だよー。あっすーには特別価格で提供してあげるってさ。

なんと70%オフ!

ちょっとおおいかもしんないけど、それだけ純深叶(すみか)線絵師があっすーに期待してるってこと!

よかったじゃん!」

 

リョウヤは軽く言うが、1000本ということは300万売らなければならない。

いつも新しい商品が出ると買い取って売りさばかなければならないので、またアンジェリングルへのローンが増えることになる。

会員の勧誘マージンで減らせてきた、と思っていたがこれでは意味がなかった。

 

(これもスーパーヒーラーになるための修行よ! 定価で売れば700万があたしの利益。

結果を出せばリョウヤよりも純深叶(すみか)先生に認められるかも!)

と考え

「任せて!」

と勢いよく返事をする。

 

明日香はリョウヤがニヤっと笑ったことに気づいていなかった。

 

アンジェリングルからの帰り道…「お義兄ちゃん」に電話をかける。

 

「もしもーーい。うふふ、だーれだ?

あったり~明日香だよ。あれれ~声に元気ないぞ☆ お義兄ちゃん。

最近疲れてるんじゃない? お姉ちゃんキツいもんね~~ 久しぶりに癒してあげようか~うふふ。

紹介したいイイものもあるんだよね~~」

 

 

 

「はい、オッケーでーす。アンジェウォーター200本契約完了です。

明るい未来が待ってるわ! よかったわね樹里ちゃん。」

マンションの1室で行われるヒーリングサロンで、明日香はアンジェウォーターを売りつけていた。

 

「あ…ありがとう。これで私もきれいになれるかな…

整形のためにコツコツ貯めてたお金だったけど…これでよかったんだよね」

 

樹里ちゃん、と呼ばれた女性はそばかすのある顔に太っている体。目も細い一重で、「美人」とは言えない女性だった。

 

「もちろんよ! 手術なんてダメ!

樹里ちゃんはモトがいいんだから、スッキリすればみちがえるようになるわよ。このお水を飲んで体の中からきれいになりましょう。

他にはなーんにもしなくていいのよ。このお水さえ飲んでいれば大丈夫!

本当に魔法の水なんだから! 人生が変わるわよ!」

 

笑顔でセールストークをして樹里ちゃんを見送った後…出て行ったのを確認して、はっきりと口に出す。

「一生デブ」

 

 

(水飲んでるだけで痩せるわけないでしょ。整形も恐くてできない。本気ならもうとっくにしてるはず。

きれいになりたいくせに自分の生活を変えたくない、なんて傲慢すぎて逆に笑うわ。高いお水代くらい頑張ることね。

私は太った体を元に戻すためにあらゆる努力をした。

エステにジム、ダイエット食品。断食・下剤…。

今だってつま先立ちで立ってるのよ。きれいになって輝く未来を手に入れるためには本気でやらなきゃならないのよ)

 

 

ヒーリングサロンから自分の部屋に帰ると、部屋にうず高く積まれた段ボールの山。

それらの中には明日香が売らなければならないアンジェウォーターが入っていた。

 

カゴに花々を敷き詰めかわいくデザインした中にアンジェウォーターを置き、SNS用の写真を撮る。

そして次々に「この水でこんなに良いことがあった!」と投稿していった。

 

しかしその内容は一見すれば「奇跡」のようなものだが、実際は嘘。

  • この水を飲んで毛穴もシミも消えた。
  • 水を飲んでるだけなのに体重が軽くなった。
  • 虫歯も治った。

など、本当かどうか疑わしいことばかりが並べ立てられているSNS。

 

「すごい! 本当に魔法じゃん!」と好意的なコメントをくれる者もいたが、投稿のうさん臭さからやはり反発的なコメントも目立つようになっていた。

 

明日香は批判的・反発的なコメントを見てさらに思いを強くする。

 

(あたしはのぼり詰めて見せる。

スーパーヒーラーでもスピリチュアルカウンセラーでも、エコでもロハスでも断捨離でも。

とにかく有名になって人の上に立って、あたしを堕とした奴らも観返して、

今度こそ成功する。

 

病気の父親も放り投げた。

それでも生きたいように生きたいの。)

 

 

ある日、明日香のヒーリングサロンに咳をしている小さな女の子を連れた母親がやってきた。

女の子は3歳だがアレルギーがひどく、何度掃除をしてもハウスダストで咳き込んでしまうらしい。

病院に行けば薬を山ほど出されるが、それを飲むのも嫌がってしまう。夜も咳が出て眠れないようだった。

 

「おかしくなりそうなんです! 助けてください!」

咳をする幼い娘を抱え、必死な母親が明日香に助けを求める。

 

 

(わー、みすぼらしい。

ワンオペ育児でボロボロって感じ? こうはなりたくないな~~。

あたしは子供出来たらブランド服のリンクコーデ(おそろい)して~、英語は絶対マストで習わせて~、

あーハワイに移住もありだな~~~)

 

明日香がそんなことを考えている間も、母親は頭を下げて「お願い! 助けて…」とすがっていた。

 

「そういう時はこのお水を飲めば大丈夫ですよ! 他にはなんにもしなくていいんです。

お薬なんかよりもズーーーーっと効果があるんですから」

 

明日香がいつもの調子で笑顔でそう言うと母親は

 

「飲めば治るんですか…?

娘に飲ませれば、アレルギーが治るんですね、本当に!!!」

 

と語気を強めた。

 

必死さに明日香も(こわ…)とは思ったが、

「も…もちろんです」

と答える。

 

「大丈夫! 私のレイキパワーも注入しておきますね。」

そう言って手をかざす…前に、前に座る母親から見えないように忍ばせていたカイロをこっそり握る。

 

そして母親の手を握り、

「あたたかいでしょう。これがレイキです。」

「すごい…熱いくらいです」

 

「お母さん、あなたのせいじゃない。娘さんは治ります。

お掃除しすぎるのも良くないんですよ。お母さんのストレスが娘さんに伝わってしまうんです。

このお水だけ飲めばいい。

自然体に宇宙の流れに身をゆだねて、頑張らなくていいんですよ。

1人で抱えこまないで。 ね? 頑張らない。」

 

明日香の言葉を聞いて、母親は涙を流して「はい…」と頷いた。

 

明日香は育児ストレスを抱える大抵の母親には、「頑張るな」と言ってやればいいと知っていた。

案の定アレルギー持ちの娘を持つ母親は100本のアンジェウォーターを購入していった。

 

(100万で安心が買えるなら安いものでしょ。大げさなのよ。

水で病気が治るかなんて、知ーーらない♪)

 

 

純深叶(すみか)にアンジェウォーターの売れ行きを報告すると

 

「売りなさい。売れるだけ売りなさい。

信じる心が奇跡を生むのよ」

 

と言われてしまう。

側に控えているリョウヤは

 

「あれ? あっすーもしかして水のパワー信じてないの?

そういう人は幹部になれないと思うな~~」

 

とわざとらしく言った。

明日香は

「信じてるに決まってまーす。じゃんじゃん売ってきますね!」

と言って、部屋を出て行った。

 

「よく言うよねー、純深叶(すみか)先生。奇跡なんてさぁ」

リョウヤの言葉に、純深叶(すみか)は微笑むだけだった。

 

 

明日香のヒーリングサロンでセミナーが開かれている最中、急に扉が開いた。

 

「ちょっとアンタ!

治らないじゃないの! 娘が死ぬわっ

娘が!!

あんな水飲んだせいよ!! 人殺しぃぃぃ!!」

 

アレルギー持ちの娘を持つ母親が、泡を吹きガクガクとけいれんしている娘を抱きかかえ必死の形相で訴える。

明日香を指さし「人殺し」という母親。セミナーを受けていた女性たちも驚き立ち上がる。

 

その様子を佐藤玲子がスマホで撮影していた…。

※佐藤玲子については1話参照。

ゴミ屋敷とトイプードルと私 ラブと癒やしとホントの私 2_R→ゴミ屋敷とトイプードルと私 ラブと癒やしとホントの私 2を無料で観る!←

ゴミ屋敷とトイプードルと私 ラブと癒やしとホントの私 2 感想

じわじわと怖さを感じる

「あっすー」って何かと思ったけど、明日香のことだったんだw 「明日」のことかと思って読んでいたけど途中で気付いたw

サヤを勧誘しようとしていたRyoyaって奴も、普通~に明日香に「リョウヤ」って呼ばれているし芸名みたいなものだったのかな。

どのレディコミでもそうだけど…

あぁ~これで失敗するんだろうな…

ってのが読んでいてわかるよね。もちろん明日香のもわかる。アンジェウォーターとかいうただの水を高額で売り付けてアンジェリングルの中でのし上がろうだなんて…

都合よすぎじゃないですか…。明日香も言っているけど、そんなわけないやん。

でも周りの人が良いと言っていると…とか、場の雰囲気とか色々とあるんだろうな。心理的なものを利用してのことだとは思うけど。

上手い話には裏があると思え、というのは有名だけど自分のことになるとどうしてもそうは思えないものなのか。明日香の破滅が目に見えて近づいていて怖い。

バッドエンド好きなら良いけど、あたしはハピエン好き!!w

騙された!!

後半でワンオペ育児をして疲れきっている母親にアンジェウォーターを100本売りつけて、ラストで「人殺し!」って言われているけど、

これって母親も悪くない?

って思うのはあたしが冷たいんだろうか。

アレルギーで、ハウスダストでも咳き込むんでしょ…。水飲んで治るわけないじゃないですかぁ…。

一人で育児していて限界で、藁にもすがる思いで明日香のヒーリングセミナーに行ったんだろうけどもいくら何でも…! 確かにだます方が悪いけども!

しかし「口頭」で言われただけで、書面で確約したわけじゃないし…最悪訴えられても何とかなりそうだけど……。消費者を騙しているということでアウトなのかな?

いやしかし医薬品じゃないし…。

「※効果には個人で差があります」

とか書いてありそうだし…。もし書いてあったとしたら、別に問題はないのか?

あくまでも「個人の意見」として「治る」と言っているだけ…? だし?

こうやって明日香の心配をしてしまうくらいには、この展開が怖い。

家族を犠牲にしている明日香

介護したこと無いし、している人は本当にすごいと思う。そして私はきっと介護には向かない。

明日香みたいなことをしそうだ、という自信はある。

まぁ…

お父さんにはオムツつけなよ

とは思うけどw

もちろんオムツつけるのも、お父さんの尊厳とかプライドとかはあると思うけどさ。自分で立ったり歩いたりが満足にできないんだから着けても恥ずかしくないとは思う。

明日香が下の世話もしているのであれば、イライラするのもわかる。お姉ちゃんの当たりがキツくなる理由もわかる。

明日香という不良債権を養ってあげているわけだし、ある意味お姉ちゃんはとても優しい。そして明日香はとても図々しいw

純深叶先生というトップ

純深叶(すみか)先生、という怪しいトップは何なんだ。ウシジマくんのドラマにこんな感じの女社長出てきたような気がする。

ウシジマくんの方はもっとまともな会社だった気がするけど。

純深叶がトップで、リョウヤは幹部なのかな?

明日香はアンジェリングル内でのし上がって、周りの奴らを見返したいって言っているけど

別にアンジェリングルでのし上がったからって何なの?

と思ってしまう。だから何?状態。

怪しい団体だし、幹部になったからと言ってどうというわけでも…。明日香は今お父さんの遺産で生活している状態なんだろうか。

だからきらびやかな生活ができるのかな?

 

自己中心的な理由と自業自得ではあるけれども…どん底の明日香を救ってくれた、ということは評価できる……かもしれないけど救い方がなーー。

結局金づるとして見ているだけだからなーー。

明日香は純深叶先生のことが大好きなのは本当みたいだけど、経緯にも疑いを持っているし本当の目的にも気づいてそう。なのに「好き!」って言えるのが怖い。

人を騙しても何とも思わないような人間にはそれ相応の罰があると思うんだよね…。

3話で終わりかな? 訴えてきた親子と、1話で出てきた記者っぽい奴がどう動くかだな。

コレ無料で読んじゃおう!

漫画やラノベ、雑誌を読むならU-NEXTが良いよ。知ってるかもだけど、U-NEXTは動画配信サービス。映画やドラマ、アニメを観る方には嬉しいけど…!

なんとU-NEXTは電子書籍を読むのにも使える!

新規会員登録をした人は600ポイントもらえるから、この600ポイントを使えば実質無料で漫画を読むことができる!

U-NEXTには31日間の無料期間がある。30日目までに解約してしまえば、一切お金はかからない後から請求も来ないし迷惑メールがたくさん来たりすることも無いw

迷惑メールが来るとか、家に誰か来るとか怪しいことも起こらないw 違法サイトでも無く、安全な公式サイトなので大丈夫。

U-NEXTは東証1部にも上場している真っ当な企業なのでご心配なく。

※でも時期によっては、もうその漫画とか配信してないかも。記事を書いた時の情報なので、念のため確認してね!

ゴミ屋敷とトイプードルと私 ラブと癒やしとホントの私 2_R→ゴミ屋敷とトイプードルと私 ラブと癒やしとホントの私 2を無料で観る!←

Twitterでフォローしよう

こんなのもオススメですよ