SNSの毒女たち 8巻_R

鈴林です。SNSの毒女たち8巻のネタバレと感想です。

SNSにハマるだけじゃなくてどう使うか、が人によって違うからこーいう漫画って面白いのかしら。

これを書いている時点で10巻まで出ているけど、ある意味どこまででも続けられる漫画。でもどれも読んでいて面白いのが良いわ。

SNSの毒女たち ネタバレ 8巻

→SNSの毒女たち8巻を無料で読む!←
マンガ・雑誌タブで「SNSの毒女」と検索!

SNSの毒女たち 8巻 ネタバレ

『もう誰でもいい。

早く私をこのイライラから解放して。ちょっとでいい。

ちょっと手でも当たれば、もうそれで…』

 

その時電車が揺れる。

 

『今だ…!!』

 

「後ろの人っ!!

痴漢ですっ!!!」

 

みちかは持っていた防犯ブザーを鳴らした。

 

 

-回想-

「宮田せーんせ!」

「こんにちは、平野さん」

 

「みちか、でいいよっ!

それより! 読書感想文が宿題とか何時間かかるかわかんないよー」

 

みちかは宮田先生に恋をしていた。宿題についてちょっと言うついでに、宮田先生との会話を楽しむ。

宮田先生から

「友達と帰ったりしないの?」

と聞かれるが、みちかは

 

「みんなと帰る方向逆なんだよね。遊ぶのにたまに一緒に帰るけど、基本的に1人かな」

 

と答える。

他のクラスには同じ方向の子はいるが、そういう異分子は排除されるのが女子グループというものだった。

 

『先生、大好き。

私のSNSには同じ気持ちの子がたくさんいる

お互い好きな先生への気持ちを共有してる。』

 

廊下でスマホを見ながら歩いていると、ミズナとぶつかってしまう。

 

「廊下で歩きスマホしてんじゃねーよ!!

邪魔!!」

 

「宮田せんせぇ~♡ 今日の授業で質問があってぇ♡」

 

ミズナはみちかに対する態度と宮田先生に対する態度をまるっきり変えていた。

 

「ミズナ…何アレ、きもちわるぅ…」

 

 

早速SNSのみんなに

「ライバルのオンナが超こび売っててキモイ!!」

と報告する。

するとみんなすぐに同意する返信を返してくれる。

 

1人で帰っているが、スマホの向こうには友達がたくさんいて寂しくなかった。

隠し撮りした宮田先生の写真をホーム画面にしているので、ずっと先生の顔を見ながら帰れるのも好きだった。

 

『嫌味のないイケメンで知的。

黒板の文字すら大好き…♥

音読の声が好き…。他の子にも優しいけどそこがいい…

 

でも、ミズナは嫌い。クラスのボス顔してて腹立つ。

もっと…先生に近づきたい…』

 

 

そんな時、自分のお尻を誰かが触っている感覚があると気付いた。

 

『ちょっ…なにこれ…触ってる…?

痴漢…?

え…ヤダヤダどうしよう…きもっ段々強く…』

 

むぎゅっ とお尻をつかまれ

 

「すいません!! 痴漢ですっっ

私の後ろ!!!」

 

みちかが叫ぶと、周りの人はみちかに注目し痴漢を探してくれる。

 

「だ…誰がっ お前みたいなブス触るかよ!!」

1人のおじさんが言い出した。

 

その発言でそいつが痴漢だと周りも察する。捕まえようとするが、痴漢のおやじはちょうど到着した駅で降り走り去ってしまった。

 

犯人は逃げてしまったが、みちかは駅員さんを呼ばれ駅員室に保護された。

 

『ああ、もう最悪…』

 

駅員さんに

「大丈夫? 落ち着いた?

嫌な思いしたわねぇ…」

と励まされていると

 

「平野さん!!」

と宮田先生がすごい勢いで入ってきた。

 

今は宮田先生しか手が空いておらず急いで来てくれたようだった。

 

「宮田せん…せ。

こわかったぁ…!」

 

と泣きながら宮田先生の胸に飛び込む。

 

「…大丈夫、もう大丈夫。

怖かったよね。いつも元気な君が…。

よしよし、もう大丈夫だよ。」

 

宮田先生はみちかを抱き締め、頭をポンポンとしてくれた。

 

みちかはその夜、SNSのみんなにも痴漢に遭ったことを報告した。

そして好きな宮田先生が来てくれたことも一緒に報告。

 

SNSのみんなは、みちかを心配して励ましてくれた。

「でも先生にぎゅってしたんでしょ? ラッキー!」

と明るく冗談を言ってくれる子もいる。

 

カマタ
始めまして。女性を性被害から守る会のカマタといいます。
今回は大変でしたね…痴漢は絶対許せない行為です。一緒に戦いましょう!!

カマタ、という人から返信をもらいフォローまでされてしまった。

知らない人だったが、心配してくれているなら…と気にしないことにする。

 

『とにかく今日はさっさと寝て、早く忘れよう。

でも…先生にもみんなにもこんなに優しくされるなら、

こんな目に遭うのも悪くないかも…ね…・?』

 

 

 

 

「痴漢です!! 誰かっお尻触って…

助けてくださいっ!!」

電車内で叫ぶみちか。近くにいた男性が席に座るように言ってくれる。

 

『駅に着く直前に「痴漢です」と叫ぶと、みんなが優しくしてくれる。

リアルもSNSも、そして何より…』

 

「平野さんっっ

また君が……! 大丈夫かい…!?」

また宮田先生が来てくれた。

 

みちかは宮田先生に抱き着き

「先生…っ私怖いっ…」

と泣く振りをする。

 

「よしよし、大丈夫…

もう大丈夫だから…」

 

と抱きしめ返してくれる宮田先生。

 

『コレって、サイコーじゃない?』

 

 

「平野さん、これを君にあげよう。

僕は一緒にいてあげられないけど、こいつならきっと君を守ってくれるから」

そういって宮田先生は、みちかに防犯ブザーを渡した。

 

「はい…♥ ありがとうございます。」

 

 

防犯ブザーの写真をSNSにアップする。

先生から防犯ブザーをプレゼントされました。
最近嫌なことばかりだけど、コレは嬉しいかな?

 

 

早速「いいなぁ!」という返信を返してくれるフォロワー。

教室でスマホを見ていると、ミズナとその取り巻きがみちかを睨んでいた。

 

引用RTされました

と通知が来る。

「どうせお前の自作自演だろ!?

やめろよバカ女!!」

とコメント付きのリツイートだった。

 

そしてみちかを巻き込んだ巻き込みリプの応酬が始まる。

女性を守る側と、みちかや痴漢される女性を罵倒する人との間での口論が始まっていた。

 

巻き込みリプになっているせいで、返信があるたびにみちかにも通知が来てしまう。

SNSの通知が止まらず困っていると

 

「あんたが痴漢冤罪ごっこで遊ぶからでしょ。」

とミズナ。

 

「冤罪ごっこなんてしてないよ」

「だって被害者あんただけじゃん。悪い遊びやめたら~!?」

 

みちかは立ち上がり言い返そうとすると、周りにいるクラスメイトに止められてしまう。

 

 

『ミズナ…ホント、ピンポイントでムカつかせる。

あんたなんか…本当に痴漢に遭っちゃえばいいのに!!』

 

 

 

「え? ミズナが痴漢に?」

事情を知っている子に聞くと、触られた上にスカートの上に体液をかけられたらしい。

あの強気な子だったミズナが、教室でさめざめと泣いていた。

 

『まさかホントに痴漢に遭うなんて…。かわいそうだけど…良い気味』

罪悪感を感じつつも、ざまぁみろと思っていると

 

「みちかっ!!

あんたがあんな風に騒ぐから!!

逆に痴漢読んだじゃん!! やめろよ! この…嘘つき!!」

 

みずなが泣きながら叫ぶ。

 

「嘘なんかじゃ…」

 

「じゃあ犯人捕まえてこいよ!!

最初に宮田先生が飛んできたからって味占めやがって!!

うそつき!! うそつき!!

この冤罪オンナぁぁああああ!!」

 

ミズナはクラスメイトに保健室に連れていかれた。

 

最近ではSNSではフォロワーからも冤罪と噂されるようになっていた。

毎日知らない人からのリプライ(返事)、リツイート、そして大論争…。自分のタイムラインを見るのも嫌になっていた。

 

『わかったわよ…捕まえればいいんでしょ!?

いいわよ。絶対私が痴漢を捕まえてやる。

そしたらまたSNSやクラスも…

みんな心配してくれるんでしょ!?』

 

 

その日ミズナは宮田先生に病院に付き添ってもらい、家まで送ってくれる、ということになった。

 

「…先生。すいません。病院まで付き添ってもらって。」

「大変だったね。君にも防犯アラームを渡した方が良いかも。

さ、家まで送るよ」

 

電車に乗り込むが、とても混雑している車内。

「すごい混雑だね…しっかりつかまってて」

「はいっ…」

 

ミズナは宮田先生の左腕をぎゅっと掴んでいた。

 

 

『早く早く…こんな混んでる電車もうイヤ…

好かオートもギリギリまで短くしたし、早く誰か触んなさいよ…!!

ブザーの用意もしたし…。

とりあえずSNSに「痴漢かも、△△線です」…と』

 

リプライが届いたところで電車が大きく揺れる。

 

『今だっ!!』

と防犯ブザーを鳴らす。

 

ビィーーー!!

 

「なんだ!? ブザー!?」

 

「ちっ痴漢です!! 後ろの人…!

今揺れた時、胸を鷲掴みに…!!」

 

「コイツか!?」

「ち、違う!! ぼ、僕じゃない…離してくれ!!」

「うるせぇっ 痴漢はみんなそう言うんだろ!?」

 

防犯ブザーとみちかの言葉を聞いて、周りにいる人が痴漢と思われる男を取り押さえてくれる。

 

「ひっ…平野さんっ」

「宮田先生…!?」

 

痴漢だと思われた男は、みちかが好きな宮田先生だった。

「先生」という言葉を聞いて、取り押さえようとしてくれていた乗客の男性も

 

「先生だと!? 最低だな!!」

「自分の生徒にてを出すロリコンが!!」

と怒りを表す。

 

揉める車内の様子を、周りにいる乗客は写真に撮ったりSNSに投稿したりしている。

 

「平野さん!! 僕はナニもしてないって言ってくれ!!」

「痴漢した上に脅迫かぁ!?」

 

「ぁ…えっ

あ、あの…」

 

 

「その人はやってませんよ」

 

ミズナが間に入った。

 

「先生は私を送ってくれてただけです。

私は離れないように先生の腕にしがみついてました。痴漢なんてできません!!

その子、最近の痴漢騒ぎは全部彼女です。

とうとう先生まで…ナニがしたいの!?」

 

みちかを指さし、言い放つミズナ。

 

乗客たちの目が、スマホが、一斉にみちかに向く。

 

「え…と…あの…」

 

パシャ

パシャ

痴漢冤罪
瞬間キタ~
オレも、△△線大騒ぎなうなう
コイツ何回も痴漢遭ったって書いてて…
制服は××高校のですね

 

 

目の前でどんどんとアップされ、投稿されていく。

 

学校には「痴漢騒ぎはみちかのウソだった」と広まった。

 

「みちかだっけ? もうみチカンちゃんって呼ぼ?w」

「宮田先生かわいそー」

 

「先生何も悪くないよね?」

「無いよー。

優しいじゃん? あんな子でも庇うなんてね」

 

 

みちかは1人になってしまった。

 

「もう…どこにも居場所がない…

SNSも…学校も…

ほんの、ちょっとの出来心で……」

 

駅には

【痴漢ダメゼッタイ!! その出来心が一生をダメにする…】

とポスターが貼ってあった。

→SNSの毒女たち8巻を無料で読む!←
マンガ・雑誌タブで「SNSの毒女」と検索!

SNSの毒女たち 8巻 感想

いやこれはもうSNSにハマったから…なのか?w

今までのはインスタやツイッターにハマりすぎた結果…ってことだけど、今回のは…みちか本人に問題がありまくりなような…。

 

いやでも現実で友達を一切作らないし、作ろうとしなかったのにSNSに逃げて構って欲しいがためにウソをつき始めたわけだから…SNS関連で落ちたってことになるんだろうか。

最初は本当だったのにね。最初に痴漢に遭ったのは本当で、おじさんは逃げちゃったけど怖かったのも先生が来てくれたのも本当だったのに。

先生が駆けつけてくれるのに味を占めて嘘をつき始めちゃったのが良くなかったよなぁ。やはり現実でもSNSでもウソは良くない。

時と場合にもよるけど、みちかのついたウソで誰も幸せにならないからね。困ることしか起きない。

痴漢騒ぎが続けば、実際の痴漢も電車でやらなくなるだろうけども…でもなぁ~~!

 

友達のミズナもひどいと思うけどねw

痴漢でみちかが騒いでた時は「冤罪なんでしょw」とか言ってバカにしていたくせに、いざ自分が痴漢に遭ったら「犯人捕まえてこいよぉ~~!」とか言っちゃってw

責任転嫁もいいとこでしょ。ミズナが痴漢に遭ったのはみちかのせいじゃないし、もちろんミズナのせいでもない。みちかが痴漢のことで騒いだからミズナが痴漢に遭ったわけでもない。

悪いのは痴漢だけなのに、みちかに「犯人捕まえろ」とか言ったミズナも自分勝手だわ。それを鵜呑みにして捕まえようとするところがみちかの子供なところだし…もったいないところではあるけども。

 

先生を好きになるのも良いけど、甘えてれば甘えてるだけ「異性」として見られないと思うんだけど……やはり女をアピールしたいと思うんだろうか。

ツイッターで痴漢の話をしたら論争が起こるのはよくあることだけどね。

男の人は電車で痴漢されることなんて稀だろうし、あっても声をあげないだろう。女の人は元々体つきが男の人には敵いにくいからね。

吉田沙保里さんくらい鍛えていたら別だけど!! 霊長類最強じゃないにしろ、強くなりたいものだぜ。

FODでポイントもらって実質無料で漫画を読もう!

動画配信だけだと思いきや、漫画も読めるFOD(フジテレビオンデマンド)。実は漫画が読みたい人にもオススメなんです。

Amazonアカウントで支払いすれば1カ月間無料になります!Amazon Pay(アマゾン ペイ)というやつで、Amazonで買い物したことがある人だったら、すぐに使えるしすぐに済むってのが最高…!

月の始めには毎回100ポイント付くし、「8」のつく日には毎回400ポイントが付く。

1か月に「8」の付く日は3回あるから、月初のポイントと合わせて毎月最大1300ポイントもらえる!

無料期間中に解約すれば、もちろんお金はかかりません。

無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができるので、お得に漫画を読みましょう!

→SNSの毒女たち8巻を無料で読む!←
マンガ・雑誌タブで「SNSの毒女」と検索!

Twitterでフォローしよう

こんなのもオススメですよ