悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします 3巻 感想・ネタバレ 極悪非道な”プライド”は消えない

鈴林です。

2巻をやっと読めた、と思ったらすでに3巻が発売していてびっくりした。

あたしはだいぶ長い間2巻を積んだままにしていたみたいだw

でもそのおかげ? で2巻を読んですぐに次の巻を読めた!

すぐに次読めるのはやっぱり嬉しいことだよね~。

なんとなく…だけどwebで連載していた人も3巻頃になると慣れてきたりして面白くなくなったり…webのころと違った展開が思ったように受け手に届かなくてイマイチ…な出来になる人もちらほらいるような気がする。

しかし! ラス為はそんなことがなかった。

3巻も変わらず買ってよかったわ。

悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします 3巻

→悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします 3巻を読んでみる←

プライドの婚約者でありアネモネ王国の第一王子

ステイルにアーサー、そしてヴァルというキャラも加わって「誰とくっつくのかなー!」とか考えたりするけど、

プライドは第一王位継承者だから「好きになった人と」結婚できることは難しいよね。

政略結婚上等! というか政略のために結婚しないなんてそんなもったいないことしない! って感じだよね。

レオンという婚約者、そして「キミヒカ」の攻略対象が現れてステイル達とプライドを取り合う話になるとか…?

と安直に考えたが違った。

 

というかレオンが女好きの噂がある、となってすぐに

鈴林
いる~~!
女好きキャラだけど主人公と出会って一途になる奴いる~~!

と思ったけど、レオンはこれ系じゃなかった。

2巻まで読んで慣れたというか知っているつもりだったが、元の「キミヒカ」でのプライドは極悪非道ラスボスだったんだよね。

攻略対象者であるのなら、自然と辛くて悲しい過去がセットじゃないとおかしい。

すぐに気づくべきだった。

 

しかし…「キミヒカ」は厳しいゲームだよなぁ。乙女ゲームなのに攻略対象キャラをみんなズタズタにするじゃん。

スタッフさんはいったいどんな思惑があってそんなことを??w

「そういうものだから」と言われたらそれまでだけど、ひどい目に遭いすぎだろう…。

何を目指していたんだw

 

レオンがどうなるのか知っているはずなのに教えてくれないプライドはモヤモヤした~~!

早く教えてくれよ! せめて読者には教えて! と強く願って読んでた。

ステイルがレオンに対して嫉妬するのは知ってたけど、アーサーも嫉妬、というか良くない感情を抱くのはちょっと意外だったな。

ステイルは「女性として」も「人間として」もプライドのことを好きだけど

アーサーはそういうのは無い…と思ってた。でもアーサーも同じだったんだな。

文字に偽りなく「救ってくれた人であり、大事な人」。

 

だからこそレオンとプライドが「星を見る」と言って夜に同じ部屋へ消えていったのは…つらかったろうな。

始めはわからなかったけど婚約者同士が夜に同じ部屋いるんだから、初夜として捉えてもおかしくないもんね。

プライドは「大人」になったわけだし。

 

乙女ゲームで1人は「お色気担当キャラ」がいるから、レオンもそれかと思った。

しかしレオンの裏にあったものは想像できなかったわ。

だからこそ面白かった。

プライドはレオンも国も救う

まだこの時点でもゲーム開始時じゃないなんて、意外とゲーム始まるの遅いんだなーと思ってしまう。

プライドが前世で「キミヒカ」を一通りクリアしてなかったら、アネモネ王国は滅びていたじゃないか。

プライドの存在そのものがチートのように思える。

 

レオンを陥れるために弟たちが共謀していたなんてな…。レオンは確かに弟たちから悪感情を持たれていることに気づいてもよかった。

国民を大事にするのはもちろん大切だけど、身近な人の機微にも気づけないのは…確かに…良くはない。

というかそもそも、レオンは周囲の誰かを悪く思うことができない「超良い人」なのかな。

弟たちに「民たちに認められたい」と言った時「それは自己承認欲求ですね。持ち続けるの良くないですよ」と言われたレオン。

それを聞いてすぐに「どうしよう…」と受け入れられるのが、良い人故に、って感じがする。

自分で自分を大事に思えないから、というか自分のことなのに誰かにずっと委ねている感じ。

だからこそエルヴィンとホーマーの2人に良いように操作されてしまったのかしら。

 

レオンという清廉潔白で完璧な兄がいたからこそ、嫉妬に狂ったのかもしれないけど…

だからと言って方法がなぁ…。典型的な悪役って感じの一連の動きだ。

 

プライドがレオンを助けるために取った一連の行動は、「予知」とするにはだいぶ先まで見通しすぎている…とも思える。

というかそもそも「予知」という特殊能力について、女王であるプライドの母とプライドしか認識を共有できないからな…。

女王が「予知ね」と言ったら前世のことは全部予知になってしまいそう。

能力の違いだ、と言ったらそれまでだし。

でもずっと「ゲームの期間が終わってしまったらプライドの予知能力ってどうなるんだろう」と思っている。

今から心配。

 

プライドがレオンと騎士たちと一緒にアネモネ王宮に入って、弟王子たちを追求していくところは読んでいてとても面白かった。

このシーンのためにここまで読んできた…! と思えた。

水戸黄門のような感じで裁くのかと思ったら、予想を裏切られたのも良い。

 

レオンがプライドのことを「本当に」好きになったのは意外だった。

色々と助けてくれたから、その流れで忘れられないだけでは…? とも思うけど、

時間が経っても思いは変わらないみたいだし本当に好きになったんだな。

 

レオンとのルートも…途切れてはいない気がする。

「キミヒカ」みたいにアネモネ王国とフリージア王国を1つにすればいい。

属国ではなく、対等な立場の国が一つに…だったら周囲の国も牽制できるし力もさらに強くなる。

レオンが婚約者として登場したり、唇のすぐ横にキスしたりしたことで他のキャラも刺激されて…大変良かった!

極悪非道な”プライド”は消えない

エルヴィンとホーマーを断罪しているとき、ものすごく怒っていたのはプライドが同じ王族として2人を許せないからかと思ったけど、

プライドがゲームでしていたようなひどいことをしようとしていたから…かと思ったけど、違うわ。

読み返したらちゃんと言ってた。

 

自国の民にひどいことをする姿が、ゲームの中での「自分」と重なったからか。

読者としてはもう慣れたけど、プライドとしてはゲームで攻略対象たちや自国民にしていたことを定期的に夢で見るんだもんね。

新しく攻略対象者と出会うたびに、自分が「キミヒカ」内ではどんなにひどいことをしていたのか見せられて…

そして夢の記憶もなく起きる。

プライドはもう一人の自分の罪を償うために転生してきたのかな…。

罪を償うため、と言わんばかりにつらい状況がずっと続いている気がする。

 

プライドのお母さん、女王ローザがレオンとの婚約破棄を受けて泣くほどショックを受けているのも意外だった。

親として婚約者を決めることが自分の務め、と思っていたのにそうでなくなって余計に悲しいんだろう。

8歳までのプライドを見ていて、ずっとつらかったはずだ。

だって新しくできる義理の弟を限界まで苦しめるし、助けられる人は放置するし、法律新しく作って国民を苦しめるし…。

断片的な予知しかなかったとしても、ろくなものがなかったはずだ。

それでもプライドは長女だし、娘であることには変わりないから予知能力だっていつかは目覚める。

そうなれば王位を継ぐ者となる。

だからこそ辛かっただろう。

大事な娘だけど悪い人間だと予知で出ている。でも娘をぞんざいに扱うこともできない。

苦肉の策として遠ざけていた…んだよね。

8歳になったプライドが前世の記憶を持ったのは予知で出なかったにしろ、普通人が急に変わることはないからプライドのことを信用できるようになるまで時間が空いたはずだ。

アルバートから「私は娘を信じる」と言われてはいたものの、予知で映像としても見ていた…だろうから信じるのも怖かったはずだ。

プライドが「別人のように」変わったのを見ても信じられるようになっても、これまでの自分の振る舞いから急に変えることもできなくて苦しんでいた描写はこれまでにもあった。

 

でもそれがレオンとの婚約破棄がきっかけでいっぱいいっぱいになったんだろうな。

ヴェストがそっと目を閉じて聞いていたのは、義姉の弱った姿をせめて見ないようにしてあげよう…という配慮だったのかしら。

 

プライドもプライドで、ゲームの中での「自分」がすることに怒っていたし怯えてもいたんだろう。

同じ自分であることは確か。

そしてエルヴィンとホーマーに「自分」を重ねて憎しみを出してしまったときも、ラスボスプライドが顔を出そうとしていた。

あの予知の中での「悪逆非道プライド」は全くの自分ではなく、表に出していないだけの別の自分…だとはっきり認識した…のかな。

もしくは薄々気づいた?

中二病的に言うと「私の真の姿が暴走しそうで怖い…」という悲しみだけど、

プライドの場合はまたちょっと違うからな。

 

読んでてずっと

鈴林
もうあのゲームのプライドとは別人じゃん。
そこまで気にしなくてよくね?

と思っていたけど、女王の告白やプライドがステイルとの会話で泣き出したのを読んで、

そうじゃないのかもな…と思い始めた。

それぞれとのイチャイチャ

ココですよ!

もうこれが書きたくてここまで感想書いた、まであるわ。

3巻もそれぞれのキャラとのイチャイチャというかニヤニヤするシーンがあってとてもうれしい。

ヴァルとのシーンもあってうれしい

2巻の感想でも書いたけど、ヴァルとプライドの感じすごく好きだから私はこの2人が推しだわ。

でもヴァルとプライドのルートは無いんだろうな…とも思っている。

あたしが好きになるキャラは大体主人公とは結ばれない…知ってる…。

でも3巻のイチャイチャはよかった。

 

ヴァルはステイルやアーサーと違って、また違う立場でプライドと距離が近いのがいい。

性格というかこれまでの経歴も相まって、肩ひじ張らなくていいし本音もぶつけやすい。

レオンという婚約者がいる状態でのヴァル・セフェク・ケメトの来訪シーンはすごくよかった。

まずパジャマ…というかネグリジェ? 姿での会話ってのがまず良いよね。

そしてヴァルの「一緒に国外に逃げてもいい」という発言。これほぼプロポーズに近くない??

セフェクとケメトとプライドを連れてフリージア王国から逃げ出して4人で生活する…という話を持ち出しててさ。

もう…ありがたかったよ。読んでてニヤニヤした。

ありがとうヴァル!!!

プライドも「それもいいかもね」って前向きに受け止めるのがさすが主人公。お前が主役だ!!

ヴァルも自分で言っておいて賛成されると思ってなかったからまた好感度上がるし。

「私が居場所をなくしたら、本当に頼ってしまうから。その時は受け止めてくれると嬉しい」らへんの会話もさ…。

 

距離が近い~~~~~~!

早く2人でイチャイチャしてくれ…。もっとしてくれ…!!

 

レオンとの婚約破棄を聞いた時のヴァルが超喜んでるのもかわいい~~~~~~~!

レオンと結婚しちゃうんだ…と思ってショック受けてたんだーーーかわいいーーーー。

というかレオンとの結婚を心から喜べなかったのに、その前のシーンで

「主が口づけされたのが口や頬かだ、主があの坊ちゃんに惚れたかどうだかだ、これだから騎士や王族サマは」

というセリフ言ったんでしょ!?

喜べなかったのに!!

 

ヴァルも内心レオンのキスにちょっと心動かされたんか!?

それとも…「なんかムカつくな」くらいまで行ったのかな?

ヴァルからしたらキスくらい「は?」ってくらいだろうけど、それでもね…!

いやそんなヴァルがプライドに翻弄されるからこそ良いんですよ。

 

プライドが作ったデザートやプライドが思い出したコロッケ大好きになってるのもかわいい。

コロッケばっかり食べてるのを言われたからって、ちょっとしたイタズラ? で

「お前も食うか?」って手づかみにした奴を食べてくれたのは嬉しかったんだろうな。

かーーーー!! やってくれるぜ! 早くなんとかしてくれ!(何かを)

 

ヴァルがレシピの入った封筒渡された時も「誘うんだったらベッドに誘えよ」という、ヴァルだから言えるブラックジョーク的なの言うのもまたいい。

これからもヴァルプラを応援させてくれ。

プライドはこのままなんだかんだ結婚しないで、なんとかしてヴァルとうまくいく未来も描いて欲しい。

「描いてほしい」ってのは…本編でヴァルが選ばれることはないんだろうなとわかってのことだけど…

改めて書くと悲しいな…w

ステイルとのイチャイチャ

物理的接触はステイルが一番か!? と思ったけど、レオンはプライドの唇のすぐ横にキスしてるしな…。

一番ではないかもだけど、

寝ているプライドから抱き疲れたり

泣いたプライドを抱きしめたときに鼻がぶつかるくらいに近づいたり、

メロンパンを食べさせてもらったり…ステイルとも超イチャイチャしている。

 

これのどれもステイルは死にそうなくらいにドキドキしてるし、赤面を隠せてないところがすごくかわいい。

巻末のSSでは「メロンパンはステイルとアーサーとティアラとで作った思い出の料理だから特別」とか言われて超照れてるし。

プライドの中でなぜかずっと「私じゃなくてティアラが人気」という考えが居座り続けているせいで、

ずーーーーっとステイルとアーサーの株が上がらないけどそれでも…ステイルとプライドのイチャイチャは読んでいてニヤニヤする。

 

プライドが無自覚でステイルだけは意識しているというありきたりの展開だけども、しかしそこがいい。

ありがたい。

鈴林
お前、そんなんで付き合ったらどうすんだよ!

と思うけど…

ステイルはプライドと付き合いたいと思ってはいても、願ってはいけないと思ってそうなのがまた…悲しいんだよな。

仕方ないことではあるが、1巻で色々法律についての本を読んだときにティアラが「兄さまとお姉さまも結婚できるということですね?」ってのが頭から離れない。

フラグであってくれ。

プライドといるときは照れたりするのに、プライドがいないところでは黒いところを見せるのがいいね。

レオンという婚約者に対しても敵意を持っていたのも期待を裏切らない。

 

ヴァルとも良いけど、ステイルとも見ていて楽しいんだよな…。

で、でもヴァル推しだぞ…!

アーサーとのイチャイチャ

アーサーは近衛騎士になったし距離も近くなったけど、あくまでプライドのことは

「憧れ」とか「崇敬」とかそういう意味での好意かと思ってたけど…どうやら違うようじゃないか。

いいねいいね!! 騎士と女王の恋ってそういうのありそうだわ。悲恋ものになりそうなのがキツイ。

助けてジルベーーーール!w

 

アーサーとのイチャイチャはあのレオンを匿った宿屋であったんだ。

扉ちょっと開けて手をつなぐって…付き合いたてのカップルやん…。すごいイチャイチャしてるやん…。

プライドを励ますため、とは言っても距離近い。かわいい。

プライドとの会話の中で自分の先輩たちのことをずっと褒めてるのもかわいい。

良い奴すぎか…!!!

他人の悪いところを伝えるのではなく、「この人はここがこんなにすごいんです! 尊敬してるんです!」ってあんなふうにスラスラと言えるアーサーは…本当に心がきれいで良い人間だ…。

プライドもそんなアーサーの身内自慢を笑顔でずっと聞いてあげるなんて、人間ができてる。

プライドが短気なJKだったりしたら「いやそんなん聞いてないし。そんな奴の話聞きたくなーい」とか言うぞ。

というかもう前世とか関係なく、転生した中身の女の子、良い人だよね。

アーサーのことを好意的に思っていても、アーサーの先輩の自慢聞かされてニコニコできるって超良い人じゃん。

それをニコニコ聞ける女は…きっと少ない。やはりプライドは主人公だ。お前がナンバーワンだ。

 

アーサーと手をつないで会話して「俺も、います」ってこれまた告白めいたことも言われて

プライドも「大好きよ」って返して…イチャイチャイチャイチャした後に!

ドア越しに手をつないだまま扉横で寝るって!!!!!

 

プライド図太い!!!w

 

しかも起きない!w

それだけ疲れてたんだな…とか、眠れなかったけど安心したんだね…とも思うけど

鈴林
プライドお前…結構図太いな…w
どこでも寝られるやんw

と思ったw

アーサーがプライドをベッドまで運んだあとの「すっげぇやわらかかった」という感想が…

また童貞くさいのがかわいい。

二次創作のBLとかを読み漁っていた私にはまぶしいセリフだった。

アーサー、お前は眩しい。

いつまでもそのままでいてくれ…!

3巻を読んでの感想

書きすぎた気がする。

でもこれでも少なめにした方かな…?

「カラム隊長」の名前がどうしても、ツイステのカリムのイメージになってしまう。

名前1字違いなだけなのに…!w

 

カラム・アラン・エリック達もプライドのこと「好き」なのか…?

と思わせるシーンがたまーーにあるけど、どうなんだろう。

カラムは特にレオンの気持ちの代弁、というか解説もしてくれたし…ちょっとフラグがあるような…?

 

プライドが騎士たちに超人気あるのにプライドがずっと「ティアラ人気あるな!」と思っているすれ違いも

もはや王道ですがすがしい。でも誰もそれを正せないw 正してもきっと受け入れてくれないw

 

今回は2巻で出てきたラジヤ帝国もアダムという奴もさっぱり出てこなかった。

これから…かな?

 

「僕は勉強ができない」みたいに、それぞれのルートでどうハッピーエンドになるかを描いて欲しい。

「僕は勉強ができない」の「ルート分岐、全部見せます!」が王道になってほしい。

乙女ゲームならできることを、ラノベや漫画でもやって…欲しい!!

 

プライドが武力でもって暴れるのも好きだから3巻はそれがなくてちょっと寂しくはあった。

でもそれぞれと良いシーンがあって…ありがたかった。

ニヤニヤさせてもらったぜ。

コレを読むなら eBookJapan が楽

他の漫画やラノベも多く読めて、かつ機能がわかりやすいeBookJapan(イーブックジャパン)が良いと思う。

他のと違って、月額いくら~とかレンタル期限が~とか無料期間とか無いし、

会員登録にお金かからない!機能自体もシンプル。

初めて買う人はキャンペーンにエントリーすると買った本の50%分のポイントが還元してもらえる。

↓これね

同じ買うだったら得して買える方が絶対に良いよ。後々その有難さを感じることになる…!w

ラノベも漫画もエロいのも大体なんでも揃ってるので、欲しいものはほぼここで買えるはず。

ラノベは特に本で揃えると重いし場所取るから電子書籍で買うのが良い!

→悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします 3巻を読んでみる←

Twitterでフォローしよう

こんなのもオススメですよ