SNSの毒女たち 3巻_R

鈴林です。SNSの毒女たち3巻のネタバレと感想です。

オムニバスストーリーでまだ2巻までしか読んでないけど内容がだいぶパンチ効いてる。

ここまで堕ちちゃうの!?

ってくらい堕ちるわ~。

SNSの毒女たち ネタバレ 3巻

→SNSの毒女たち3巻を無料で読む!←

マンガ・雑誌タブで「SNSの毒女」と検索!

SNSの毒女たち 3巻 ネタバレ

「子供たちも送り出したし、ちょっとお茶していかない?」

幼稚園のボスママ的存在である杏子は、子どもを幼稚園に送った後の主婦たちの前で言葉をかけた。

 

「いいですね! 行きましょう!」

「ぜひぜひ」

 

他のママはすぐに参加を決めた。

「ひろ子さんは?」

「あ…ごめんなさい今日は主人が昼から仕事で…」

 

ひろ子というママだけは杏子(きょうこ)の誘いに乗らないようだった。

 

「えーー! 私が誘っているのに? 一時間くらいいいじゃない」

杏子がそう言ってもひろ子は「行く」とは言わない。旦那が仕事に行くところをしっかり見送りたいと、今回の誘いを断った。

杏子は「ごめんなさい」と謝るひろ子に特に何も言わずに

「じゃ、私がみつけた新しいカフェに参りましょう!」

と他のママを連れて先に歩き出してしまった。

 

気を使った他のママが「今度ご一緒しましょうね!」と言って杏子についていく。

 

カフェで杏子はお茶を飲みながら、付き合いの悪いひろ子について話していた。

他のママによればひろ子の旦那はシフト制の仕事のため、働く時間が一定ではないという。

杏子はそれを聞いて

「そんな仕事あるの? 私なら結婚するの嫌だわ」

と発言。

 

杏子の言葉を聞いて、他のママも「そ、そうですよねぇ」と同調する言葉を続けた。

それを見て杏子は気分が良くなった。

 

「ま、またお誘いしましょ。

1人じゃ『可哀想』だもの」

 

 

ママ友はSNSのグループチャットでも繋がっている。

その人の幼稚園ママ友のグループチャットでは、お店に誘ってくれた杏子に対してのお礼の言葉が次々に投稿された。

そしてひろ子も

ひろ子
今日は参加できなくてごめんなさい
またお誘いください

と投稿する。

杏子はひろ子に対して

「次来なかったらもう誘わないからw」と冗談交じりに返信した。

ひろ子はそれに対して真面目に「はい! 次は必ず!」と従順するような返信。

 

 

杏子はこれまで自分の思い通りにならないことは一つもなかった。

人・学校・会社ですら思いのままにしてきた。常にヒエラルキーの頂点にいるのが自分だと思っていた。

 

『思い通りにならないやつは排除してきたから、

ひろ子さん、あなたはどうなっちゃうのかしらね…?』

 

 

一方ひろ子はママ友のグループチャットに神経を使い疲れてしまっていた。

そこへ旦那が帰宅し「どうしたの?」と問いかける。

ひろ子は心配をかけまいと

「なんでもないの! お茶に誘われたけど断ったらちょっと期限損ねちゃったみたいで…」

と簡単に説明する。

 

ひろ子の旦那は「俺のことは気にせずに行っておいで」と優しい言葉をかけた。

 

ある日公園で他の子どもとも一緒になって鬼ごっこをするひろ子がいた。

鬼ごっこの鬼となって、他の子どもと一緒に走り回っている。

 

その様子を見て杏子は

「あれ、なんのアピール?

子どもと汗だくで遊んであげられるママアピール?」

と不機嫌そうに他のママに尋ねる。

 

他のママが言うには、ひろ子は昔から「あんな感じ」らしく入園前からよく遊んでもらって助かっているママもいるようだった。

 

しかし杏子は

「だから何!?

あんなにうちの子追い回して転んでケガでもしたら…」

と心配していると、案の定杏子の子ども、ちぇみは転んでしまった。

 

ちぇみは

「…へいきっ。いたく、ないもん…っ」

と言って泣くのを我慢しながら1人で立ち上がる。

 

杏子はちぇみに駆け寄りひろ子に文句を言おうとするが、ひろ子は杏子に全く気付かずちぇみに近づき

「ちぇみちゃんはえらいね。

泣かないで自分で起き上がって、えらいえらい」

と言って、ちぇみの頭を撫でた。

 

褒められたちぇみも嬉しそうだ。

その後ひろ子は、

「ひざ擦りむいてるからお水で洗ってキレイにしよっか」

と誘導し転んだ後もしっかり面倒を見ていた。

 

そんな日のSNSは互いを褒め合って空気を浄化するのが慣例だった。

他のママは

「ちぇみちゃん今日泣かなくてすごい! うちの子だったら…」

「あれはお子さんの育て方が良いからですよー!」

と杏子をヨイショするような投稿を続ける。

 

杏子はその様子を見て

「そうそういいわよ。みんなちゃんと褒めてね」

とご満悦だった。

 

SNSでは「うちの子のお絵かき見てー!」と他のことも投稿され始めていた。

ひろ子が

ひろ子
勇太がずっと苦手だったニンジンを食べました!
グラッセなら大丈夫みたいです!

と子どもの写真付きで投稿すると…

 

杏子は自分の娘であるちぇみにも

「ちぇみ、ニンジンも食べなさい」

と指図する。

 

しかしちぇみは普段「嫌いなら食べなくても良い」と教えられているせいで、何故急にそんなことを言われるのかわからなかった。

「だって、まま、キライなら食べなくてもいいって…」

と言うと、

 

「いいから食べなさいっ」

と言って無理矢理ちぇみの口にニンジンを押し付ける杏子。

ちぇみは泣き出してしまった。

 

『ああ…イライラする。ああいうのは早く排除しないと。

上手に…私が悪者にならないように…』

 

杏子は【杏子さんと一緒】という別のグループチャットを作り、ひろ子以外のママを招待した。

杏子
ランチでおいしいフレンチをみつけました。
ご馳走するので、みんなでいかがですか? 都合を教えてください。

と投稿する。ご馳走、ということもあって他のママはもちろん参加を決めた。

ひろ子が入っていないことについて聞かれることも想定済みで、ひろ子を入れていない理由は

 

「予約制の店なので不確定な人はちょっとね…」

 

という理由だった。

「だから今回はナイショにしてほしい」と付け加えると、他のママもみんな了承してくれた。

 

その日から、当たり前のように幼稚園のママ友チャットグループは菅さんとし始めた。

 

杏子はひろ子以外のママをおいしいお店に連れて行き、お取り寄せグルメを「いつも仲良くしてくださってるから」と言って他のママに配るなどして好感度を稼いでいいた。

 

『自分は特別に扱われている。

そう思った人の心なんて簡単よ…!』

 

ひろ子がじっとスマホを見ているのを旦那は気づいていた。

ひろ子に理由を聞くと「最近誰も発言しなくなってて…」と少し心配そうに答える。

 

「こんな小さな世界でも、私にとっては大切なの…」

「でもソレに囚われすぎないで。俺がいること忘れないでくれよ?」

 

ひろ子は旦那の優しさに嬉しくなった。

 

 

ある日杏子がちぇみの新しい服を買おうと歩いていると、ひろ子に話しかけられる。

隣にいるのはひろ子の旦那だった。

 

「いつもひろ子がお世話になっています。妻からお話はよく聞いております。

これからもよろしくお願いいたします」

「こ…こちらこそ! よろしく…」

 

挨拶を済ませるとひろ子と旦那は別の方に歩いていった。

 

「はぁ…すっごいイケメンの旦那じゃない…。

ホンットムカつく…!!」

 

 

杏子はひろ子以外がいるグループチャットに、

「あっちのグループお開きにしませんか?

ひろ子さんとほぼ交流しないし、良いかなと思って」

と本格的にひろ子をハブにしようと動き始めた。

 

他のママも杏子に同調し、幼稚園のママ友グループを次々と抜けていく。

ひろ子は理由がわからずに次々とグループから人が抜けていくチャットを見ることしかできなかった。

 

「…っ 私…何を間違ったの…!?」

ひろ子はグループチャットの画面を見て泣き出してしまう。

 

 

「あーイイ気持ちっ♥

やっとうっとうしい虫を駆除したわ!

私をコケにするからこうなるのよ! みんなちゃんと覚えておきなさい!!

頂点にいるのは常に私だけなんだから…!」

 

 

ある日の朝、幼稚園の前で挨拶を交わす。

昨日も杏子に連れられてランチに行ったのか、「昨日のランチごちそうさま!」と杏子にお礼を言うママもいた。

 

そんな時「あれ…勇太くんパパ…? すご…イケメン…!」とざわつく声がする。

ざわついた方を見ると、ひろ子の旦那が勇太を送り届けに来ていた。

 

「杏子さん、みなさん、おはようございます」

「お…おはようございます。平日にお休みなんて…気楽ですこと!」

 

精一杯の嫌味を言うが、ひろ子の旦那は笑顔でそれをかわす。

 

「やっと忙しい時期が過ぎたので、少しう長めの休暇をいただきました。

妻のケアもしてあげたいですしね」

そう言ってにっこり笑うひろ子の旦那。その笑顔を見て、少しドキ…とする杏子。

 

「ああああ! ゆ、勇太パパ…太田宏さん!?

亜生(あそう)議員のイケメン過ぎる秘書の!!」

 

1人のママが気づくと、他のママも気づいたのか

「ホントだ! 本物!?」

と大騒ぎになってしまう。サインをねだるママや、写真をねだるママに囲まれまるでアイドルのようになってしまうひろ子の旦那。

 

「いやいや私なんかそんな…」と写真やサインを断っていたひろ子の旦那は、

 

「そうだ。

いつも家族がお世話になっているので、私の家出パーティーなどいかがでしょう?」

 

と提案する。

その誘いを聞いて、周りのママは大喜び。

「きゃあ~~! 行きますっ!」

と二つ返事でOKするママばかりだった。

 

1人のママが気を使いながら

「きょ、杏子さん。杏子さんも行きますよね…?」

と声をかける。

 

「私は忙しいのでけっこうよ!!

あんたたちみたいな下等生物と一緒にしないで!!!!」

 

と大声で返答してしまう。

 

とっさに本音が出てしまったことに気づいた杏子だったが、既に遅かった。

 

「私たち大人なんで怒鳴ったりしませんけど、ハブるのがまだ楽しいとか子どもすぎると思いますよ…?

娘さんに悪影響じゃないですか?」

 

憐れむようなかわいそうなモノを見るような目でそう言い返された杏子。

杏子が作ったグループチャットから、みんな退出してしまい誰もいなくなってしまった。

 

『くやしい くやしい』

 

ひろ子の家でのパーティーが終わった後も、幼稚園はある。

杏子があんなことを言ってしまった後でも、他のママはちぇみにも杏子にも挨拶してくれていた。

もちろんひろ子も挨拶をしてくれる。

 

『みんな普通にしてる。

でも誰も私を称賛しない。』

 

ひろ子の家でのパーティーはとても楽しいものだったのか、みんな笑顔でひろ子と話していた。

 

「杏子さんも、良かったら次のお茶会に」

とひろ子が杏子を誘おうとすると…

 

「許さない…頂点は常に私よ…!」

と言って杏子はひろ子に向かって包丁を向けた。

 

「きゃああっ 杏子さ‥‥っ」

 

その時どこかからひろ子の旦那が杏子に体当たりをし、杏子をあっと言う間に取り押さえてしまった。

 

「警察を呼んでくださいっ!! 早く!!」

周りにいる人に警察を呼ぶよう呼びかける。

 

「このっ…」

「杏子さん。ずる賢いのは自分だけだと思っちゃダメですよ。

議員秘書、相手が悪かったですね…?」

 

パトカーのサイレンの音が近づいてきていた。

 

→SNSの毒女たち3巻を無料で読む!←

マンガ・雑誌タブで「SNSの毒女」と検索!

SNSの毒女たち 3巻 感想

ひろ子の旦那大活躍~~~! これは今までになかったスカッとする話では!?w

面白かった! 1巻も堕ちていって、2巻も破滅して…w 確かに終わってはいるんだけど「終わり!」と言うには個人的にモヤモヤしていたけど3巻は終わりもハッキリしてて好き!

敵がはっきりしているのが良いんだろうか?

1巻はインスタ、2巻はツイッター、3巻はLINEかな。

LINEでのグループがどうこうとか、揉め事系は学生でもあるしママ友でもある…もんね。

この3巻の事件は露骨に展開しているといえばそうだけど、途中までは「あるある」ではあると思うわ。

ボス的な存在がいて、誰か1人に嫉妬してその人を追い出そうとして別のグループを作り…という展開は割とありふれていると思う。

ひろ子めっちゃ良い人やん! 子供と遊んでくれるし、転んだりしたときも褒めつつ良い方に誘導してくれるし保母さんに近いものを感じるわ。

 

杏子の嫉妬は…あまりにも極端でしょw

そんないつもお前のことを称賛もしないよw 自分の思い通りにならないとイライラするって子供すぎる…。大人では…無いよなぁ…。

これまでは思い通りになっただろうけど、それはたまたま周りが優しかっただけでしょ…。

「こいつやべぇなぁ…。関わらないでおこう」

と思って、言う通りにしていただけだと思うんだよなぁ。

杏子が「あんた達みたいな下等生物と一緒にしないでよ!」って大声出した後、周りのママ達が冷静に「私たち大人なんで」って言うのは偉い。

確かにあそこまで言われたら引くのは当たり前だけど、怒って返すのではなく引いて返すところが「大人」で良いよね。

「これまであなたには仕方なく合わせていたのよ」感が出てる。

 

ひろ子の旦那は議員秘書をしているだけあって、相手が何を考えているか・何を大事にしているのか見極めるのが上手いみたいだ。

一緒に買い物行った時に杏子と出くわしてたけど、あの時点で杏子のヤバさには気づいてたんだろうな。

だからこそ勇太を送るのも自分が行ったし、あえてみんなをお茶会に誘ったんだろうw

自分がどう思われているのかも把握してそうだし、マジで頭良いんだろうなぁ。

ひろ子はただただ良い人ってのもまた良いわ。

計算高いのって大事!!

 

というか、杏子の子供の名前は「ちえみ」じゃなく「ちぇみ」なんだw

漢字でどうやって書くんだろうw

杏子が大声で他のママを罵った後も、他のママは普通に挨拶してくれるし良い人達だよね。引きずって挨拶しない人とかいるだろうに!

3巻にして堕ち方に「逮捕」が加わってしまったw このレディコミ結末がどうなるか予想するのも面白いかも!

FODでポイントもらって実質無料で漫画を読もう!

動画配信だけだと思いきや、漫画も読めるFOD(フジテレビオンデマンド)。実は漫画が読みたい人にもオススメなんです。

Amazonアカウントで支払いすれば1カ月間無料になります!Amazon Pay(アマゾン ペイ)というやつで、Amazonで買い物したことがある人だったら、すぐに使えるしすぐに済むってのが最高…!

月の始めには毎回100ポイント付くし、「8」のつく日には毎回400ポイントが付く。

1か月に「8」の付く日は3回あるから、月初のポイントと合わせて毎月最大1300ポイントもらえる!

無料期間中に解約すれば、もちろんお金はかかりません。

無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができるので、お得に漫画を読みましょう!

→SNSの毒女たち3巻を無料で読む!←

マンガ・雑誌タブで「SNSの毒女」と検索!

Twitterでフォローしよう

こんなのもオススメですよ