鈴林です。ゴミ屋敷とトイプードルと私 港区会デビュー4の感想とネタバレです。

「港区会」とかそんな言葉を使うパリピ集団と本当に縁が無いから、この言葉って本当に使われてるのか疑問だったんだけど…。

映画「億男」の予告の中で「港区会」って言葉が出てきててびっくりしたw 本当に使う言葉なんだね。

サヤはどんどん転落していくけど…4話ではどうなるんだろう。派遣の中山ちゃんを階段から落としちゃうし。逮捕されて終わりとか?

ゴミ屋敷とトイプードルと私 ネタバレ 港区会デビュー4

ゴミ屋敷とトイプードルと私 港区会4_R→ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー4を無料で読んでみる!←

ゴミ屋敷とトイプードルと私 港区会デビュー4 ネタバレ

「おはよーございまーす。中山さ~~ん、頼まれてた資料ばっちり作っておいたわよ。残業しちゃった~~」

残業しちゃった、の部分をあえて大声で言いながらやってきたサヤ。

 

話しかけたのは中山ではなく、中山に髪型が似ている別の女性だった。

女性が振り返り、中山さんは全治2週間の大けがをして休みだとサヤに伝える。

 

『休みとか?? なめんな。人に仕事押し付けといて冗談じゃないわよ! 貴重な時間返せっつーの!』

 

心の中で悪態をつく。何とか表情には出さないようにキープしたが、笑顔はひきつっていた。

口では「かわいそう~。しんぱーい。」と言っておく。しかし周りの反応は冷ややかだった。

 

サヤを睨みながら「昨日の夜会社の階段で突き落とされたらしいよ」「しかも犯人は女だって」と口々に周りにいる社員が言う。

 

サヤはそんな目には気づかずに「え~~こわ~~い!」と口だけは怯えつつ、『今日の夜こそ六本木に行って昨日の分も楽しむんだから!』と考えていた。

 

あまりにも白々しいサヤに、女性社員たちがとうとう

「よく言う…。昨日1人で残ってたの西村さんだよねぇ!?」と突き付けた。

 

それを聞いた他の社員も、「中山さんのこと目の敵にしてたもんなぁ…」とサヤが突き落としたのか…という反応をとった。(実際そう)

 

しかしサヤは本当に覚えがないのか、

「は!? 私じゃない! 私じゃないわよぉぉぉ!!」

と必死に訴える。

 

それを見かねて部長が「決めつけるんじゃない」と助け舟を出してくれる。現状では「女性が突き落とした」ということ以外分からない状況なのだった。

 

助け船を出した部長にさらなる証拠をつきつける女性社員。

「でもその時間に残業してたって確かな証拠があるんですけど」

そう言って、サヤのインスタを見せる。

 

そこには

#残業 #頑張る私 #自分にごほうび
今日は残業!
終わったらセシルのバスボムでゆっくりお風呂タイムにしよう。
自分にごほうび。頑張れ私!w

と仕事終わりの手元付近を撮影した投稿が表示されていた。

それを見て部長が何かに気づく。

 

「ちょっと待て、この写り込んでいる資料は極秘扱いのはずだ!

クライアントの資料が載っているじゃないか! すぐに削除しろ!!」

 

部長が指さしたのは、キーボードの上に置かれた数枚の資料。ビルの写真なども載っており、拡大すれば内容がわかるように写っていた。
削除しろと言われ、戸惑いつつも「は…い」と了承しスマホを操作していると…

 

プルルルルルル プルルルルルル

 

次々と電話がかかってくる。電話を取った者たちから口々に「先方からクレームが!」「部長、こっちもです!」という声が…。

 

「何をやってるんだ君は! どうしてくれるんだ!!」

 

さっきまでサヤをかばってくれていた部長はもういなかった。サヤがあげた写真のせいで会社に次々とクレームが来るようになってしまった。

呆然とするサヤだが、電話は鳴りやまない。

 

電話を取った林田詩織(サヤの上司)の女性が「は!? やめてください!」と言う声をあげる。

部長がすぐに「どうした!?」と確認すると

 

「枕営業OLを出せって…」

 

と困惑していた。

「枕営業」普段勤務していて使うことはない単語。普段耳にしない単語に部長も戸惑う。

 

男性社員の1人が「これじゃないですか…?」とネットにまとめられたサヤの記事を見せる。

そこには以前サヤのインスタが荒れた際の画像一覧が表示されていた。 ※2巻参照

 

社長や重役と思われる男性には目に線が入っているがサヤは顔をさらされている。そしてそのページにはハッキリと「博報堂OL」と会社名まで書かれていた。

 

「マジかよ…。西村さん…だよな。」

「冗談じゃない…」

「社名さらされてるし…みんなこんなことやってるって思われたらたまったもんじゃないわ!」

 

男女問わずサヤを責める声が飛び交う。

 

鳴り続ける電話をそのままにサヤは

「ちがうちがうちがう!! ハメられたの! これは別人よ! あたしじゃない!!

誰かがあたしのこと妬んででっち上げたのよ! 信じて!!」

と言う。

 

サヤが「自分のせいじゃない!」と訴えている間もずっとコール音は鳴り続けていた。

 

「あー! うるさい!」

鳴り続ける電話にイライラしたサヤが、そう言って電話機を叩く。

 

するとスピーカーで電話に出てしまった。

 

[お仕事あげるからしゃぶってよOLさん♪

ほら、もうこんななんだ…早く営業してよ…。電報の女は軽いんだろ~~~アハハハ

アハハハハ]

 

スピーカーから、変態の声が響き渡りそれを聞いた女性社員たちは悲鳴をあげる。

 

サヤは、そのまま停職処分になった。

 

 

マンションの自室でカップラーメンをすするサヤ。ゴミ袋に適当に空の容器を入れたが、袋が倒れてしまった。

仕方がないので、外の様子を伺いつつゴミを捨てに行く。

ゴミ捨て場に着いたところで電話が来る。出ると「Hできるでしょ? 電報OLさん♪」という声。

サヤはすぐに電話を切った。

 

サヤの本名も住所もネットに晒されていた。

誰かに見られている気はしたが、引っ越しできる貯金は無かった。

おじさん達からの誘いも無くなった。

 

『実家に戻るなんてありえない

ビンボーくさくて寒くて暗い家。ひっそりと息をひそめてモグラのように暮らしていた親。

 

あたしはあの家が大嫌いだった。』

 

サヤが女子高生の時、スカートを短くして学校指定以外の靴下を履いているだけで母は良い顔をしなかった。

「目立つからやめなさい。ご近所に何言われるかわからないでしょ…」

 

「うっせーんだよ!もっと短くしてやろうか、変態の娘だもんね!!」

 

そう返すと母親は何も言えなくなった。

 

サヤが小学6年生の頃、父親が痴漢で逮捕された。

通勤のバス内で女子高生のお尻を触ったところを仲間の高校生たちに取り押さえられたのだった。

サヤの父はあっさりと罪を認め、その日の内に家に帰ってきた。

 

「嘘だよねお父さん!! 女の子の方が間違ったんだよね!?」

 

小学6年生のサヤがそう聞いても、父は何も言わなかった。

それ以来父親は喋らなくなった。それまでは明るい普通の家庭だったが、何もかも変わっていった。

 

母親は異常に周りの目を気にするようになり、サヤに目立たないようにしろ、と何度も言いつけた。

 

ある日サヤが家の外から「お母さん!A校受かったよ!! やったーー!」と声をかける。

それを聞いていた近所のおばさんが「まぁ優秀だこと。すごいわねぇ」と誉めてくれる。

それに「ありがとうございま…」と返そうとすると、母親にものすごい勢いで家に引き入られる。

 

「人前で自慢するなって言ってるでしょう!?

自分にとっていいことでも他人は違うってわからないの? あることないこと言われるのよ!!」

「でも誉めてくれたよ…。お母さんも少しは…」

 

「高校なんかどこだっていい!! 目立つなって言ってるの!

犯罪者の娘だってバレてもいいの!?」

 

サヤの肩を掴んで娘を叱る母親。

 

 

『ビクビクしてつまらない人生。あたしは両親のようにならない

穴蔵で誰も知らないうちに死んでいくようなモグラにはならない。

 

大学も就職も東京で一番華やかなところへ行った。自分自身にも磨きをかけた。

みんなあたしを見て!

やっと光の世界を手に入れたのにまた前みたいな暮らしに戻るの?? それだけは絶対にイヤ!!

 

全部あの派遣の中山のせいよ。憎い…憎い…。消えてよ!』

 

その時玄関のドアが ドンドンドン!! と強くたたかれる。

恐る恐る扉を開けると、さっきまでは無かった段ボールが置いてあった。

 

持っていたスマホにメッセージが届く。

差し入れだよ♡

アイコンの絵はピエロ。インスタのコメントの時と同じだった。

IDもバレていることに恐怖するサヤ。

 

届いた段ボールを開封すると、そこにはさっき食べていたカップ麺がぎっしり詰まっていた。

 

「ゴミ…見られてる…?

いやあああああ!」

 

届いた物に気持ち悪さと恐怖を感じ、段ボールを蹴り飛ばす。

散乱する中身…。中身はカップ麺だけかと思いきや…生理用ナプキン(多い日用)が出てきた。

 

そしてタイミングよくメッセージが届く。

2日目でしょ♡

 

「キャアアアアア!」

 

自分のナニモカモを知られているという恐怖…そして気持ち悪さを感じ、サヤは家の中に逃げる。

 

「いやっキモい…キモいっ無理っ…!

けっ警察…なんて、信用できるか…

ていうか、この状況……」

 

 

仕事の帰り、電報堂で働く女性社員たちがご飯のお店を決めようとスマホを見ると…サヤのインスタが更新されたと通知が…。

 

「ちょ…何これ…」

「西村さん、マジヤバイって…」

 

#ストーカー #カップめん #とんこつ
玄関開けたら超サプライズ!
知らない誰かからプレゼント!! もしかしてストーカーされてる?
こわーいw

段ボールから散乱したカップ麺の前で困ったような表情をしているサヤの写真と一緒に投稿されていた。

 

「そうまでして見られたいワケ…?」

ゴミ屋敷とトイプードルと私 港区会4_R→ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー4を無料で読んでみる!←

ゴミ屋敷とトイプードルと私 港区会デビュー4 感想

都合の良い記憶

3巻のラストにサヤが中山さんを突き落としてたのに、それをすっっっっっかり忘れて出勤しててびっくりしたわ…。

「大けがして全治2週間」って中山さんに似てるメガネのおばさんに言われた後に、心の中で悪態でも付くかと思ってたのに「休んだこと自体が意外」って反応するなんて。ええええ…。

怒りのあまり逆上して記憶がないってことなのかな?

元カレも取られたし、仕事も取られたし(厳密には取られてない)、サヤが誇っていたものは無い状態だからね。

昨日残業した分六本木行くぞ! って思ってるし…本当に覚えて無さそうな描写が意外。
監視カメラとかあるだろうし、すぐに犯人わかると思うんだが…。
というか中山さんを押したのは女、というところまでわかっているんだから解決まで秒読みでしょ。

中山さんが覚えている可能性だってある。階段から突き落とされてすぐに意識を失くしたわけじゃなかったら…。

サヤの逮捕も近いのかもしれないなぁ…。

SNSあるある(バカ)

写真撮ってインスタにあげたら機密情報写ってたって…w

とんだドジだよw サヤは今までネットリテラシーとか知らないで生きてきたんだろうか。インスタをあんなに活用しておいて、知識が無さ過ぎじゃん。

顔も名前も晒している状態だし、元々ネットリテラシーが低かったかもしれないけど会社で撮影してダメなものくらい理解しておくべきだよ。

取引先の情報が載ったままの写真あげるとか…w せめてモザイクとかスタンプでも貼ればいいのに。

サヤって本当に仕事できる存在なの…?

本当にずっと見てる

3巻で

「頑張ってる手をナデナデしたい」

とか言ってたピエロアイコンのやつ、とうとうサヤのLINEまでつきとめたし家の住所も突き止めたのか。サヤのこと大好きじゃん。

「見ているよ」ってコメントした人とは別だけど、確かに見られているーーーーw
お花アイコンの「見られてるよ」の人が明日香だったら、LINEを知っていてもおかしくない。

花アイコンの奴がピエロアイコンに色々教えた…のか?

サヤの家の中も汚いなぁ~~。

瀕死のトイプードルが転がっている明日香の部屋よりはマシだけど、それでも汚い。

というか毎食カップ麺かよ。むしろ金がかかるな。

カップ麺のゴミも見られてるし、ゴミの中にあった生理用ナプキンも見られてるし…。

会社に「枕営業OLいる?」って電話かけてきたのも、ピエロアイコンの「88」って奴なんじゃないかなぁ…。

サヤのスマホにも変な電話かかってきてるみたいだし、もうサヤの個人情報とか全部バレてそう。

でもカップ麺が段ボールで届いたことすらインスタにあげるとか…w

もう…w もう手遅れ感がすごい。

サヤの過去

サヤがこんなにも目立とうとするのは、実家でずっと抑えつけられてきたからか。

お父さんが痴漢かぁ…。

嫌だなぁ。自分のお父さんが痴漢で捕まるとか絶対嫌だわ。

 

「何かの間違いでしょ!?」って帰ってきたお父さんに聞くあたり、ちゃんと父親のこと信じてたんだよね。

罪を償ったのかお金で解決したかはわからないけど…問題は解決した後。

お母さんは気にしすぎじゃない?
そんなもん??

昔痴漢で捕まった父がいるってのは良いけど、「他人にどう思われているか」を気にしすぎでしょ。

「目立たないようにしなさい! 自慢なんてしないで!」

って娘にも強いるのは違う気がする。あそこまで卑屈に気にするから、近所の人だって忘れないんだよ。あんなことされたら目立つもん。

痴漢を許す、とかじゃなくて気にしすぎなのは違うと思う。お母さんは別に犯罪を犯してないのに。

仮に周りに悪く言われたからって、被害もないじゃん。向こうから何か嫌がらせをしてきたなら、向こうが悪いし。

親に褒められたり「すごい」と言われなかった分、誰かに言われたかった…だけなんだろうけど、それがどんどんと

純粋に目立ちたい

に変わっていったのかな。

無料でこの漫画を読もう!

漫画を読むならU-NEXTがオススメです。ご存じかもしれませんが、U-NEXTは動画配信サービス。映画やドラマ、アニメを観る方には嬉しいものです、が…!

なんとU-NEXTは電子書籍を読むのにも使えるんです!

新規会員登録をした人は600ポイントもらえるので、この600ポイントを使えば実質無料で漫画を読むことができます!

U-NEXTには31日間の無料期間があります。30日目までに解約してしまえば、一切お金はかかりません後から請求も来ないし迷惑メールがたくさん来たりすることもありませんw

迷惑メールが来るとか、家に誰か来るとか怪しいことも起こりませんw違法サイトでも無く、安全な公式サイトなので大丈夫です!

U-NEXTは東証1部にも上場している真っ当な企業なのでご心配なく。

※でも時期によっては、もうその漫画を配信してないかもしれません。記事を書いた時の情報なので、念のため確認してね!

ゴミ屋敷とトイプードルと私 港区会4_R→ゴミ屋敷とトイプードルと私#港区会デビュー4を無料で読んでみる!←

Twitterでフォローしよう

こんなのもオススメですよ