鈴林です。終末のハーレム2巻の感想とネタバレです。

よーし2巻読むぞ、と思ったら早々に乳首出てるカラーイラスト出てきてびっくりしたw これは家以外では読めない電子書籍ですね。

紙の本よりも断然電子書籍をオススメしたい…できればタブレットとか大きめの画面だと、なお良いのではないだろうかw

エロ本として買いやすい本なんだと思うなぁ…w おっぱいキレイだからおっぱいをキレイに描きたいと言う人向けでもあると思う。

終末のハーレム ネタバレ 2巻

→終末のハーレム2巻を無料で読んでみる!←

マンガ・雑誌タブで「終末のハーレム」と検索!

終末のハーレム 2巻 ネタバレ

開けて早々に北山玲奈の裸カラーイラストがあるよw

7話 2人の女性

怜人が言った「僕がMKウィルスの特効薬を作ります」という宣言。

怜人の発言について報告を受けたUW日本支部の国務長官たちは。怜人の判断に対して意見が割れていた。

そんなことよりも早くセックスして子供を作る方が人類のためになる、と言う者もいれば「面白いことを言う」と興味を持つ者もいる。

ひとまず様子を見ることになった。怜人がメイティングを拒んでいても、幸いNo.1の火野はメイティングに励んでいる。

UWが議論している間も、3人の女性とメイティング中だった。

 

UWは計画を先に進めることを決断する。そろそろ動かなければ「本部」も怜人や火野の存在に気づいてしまい主導権を取られてしまう。

「準備が整い次第、No.3を回答する」

 

 

怜人がMKウィルスについて研究中、休憩も兼ねてトイレの個室に入ると…なんと朱音(あかね)が個室に入ってきた。

「なっなんでここに!?」
「アンタの健康状態を把握するのがアタシの務めだからね」

そう言ってナース服を着ている朱音は胸のボタンを外し、便座に座っている怜人の上に跨る。怜人の手を掴み、自分の胸とお尻にそれぞれに持っていく。

「この身体好きにしていいんだよ?」

そう言って誘惑するが、怜とはなびかなかった。
結局朱音は怜人に拒まれてしまった。

 

おちおち個室にも入れない…と思い中庭に出ると周防がベンチに座ってメロンパンを頬張っていた。

周防(すおう)に話しかけ、そのまま中庭を散歩する2人。

周防は動物研究所で怜人を危険な目に遭わせてしまったことを謝罪した。

怜人は気にしていないことを周防に伝え、翠(すい)がとても強いなんて意外だった…と話を逸らした。
翠は特別な訓練を受けているらしい。

怜人は気になっていたことを周防に聞いてみる。

「俺の担当官になって嫌だったんじゃないですか?」

怜人は理由をつけてメイティングをしなければ研究をすると言いだしている。怜人自身も自分が周防たちから疎まれているであろうことは察しがついていた。

周防たちからすれば、怜人はまず子作りをしてもらわないといけない、ということはわかっている…。

「なのに俺が特効薬を作るって言ったら色々手伝ってくれますし…。悪いなって思って…。
そう思うなら協力しろって話なんですが…どうしても…」

1人悩む怜人を見て、周防は微笑み
「水原さまはやさしいのですね」
と言葉をかける。

その様子があまりにもきれいだったので怜人は照れてしまった。

そのまま周防がいつからここで働いているのか聞いてみたが、「そういったことはお話できないんです」と断られてしまった。

シャワーを浴びた後、鏡を見る周防。
自分と絵理沙の写真を見比べ…タオルを羽織り部屋の外に出ていった。
(ここも当然乳首出るんで!!)

→終末のハーレム2巻を無料で読んでみる!←

マンガ・雑誌タブで「終末のハーレム」と検索!

8話 失われしもの

3人の女性と風呂場で抱き合う火野…。もちろん火野は裸。
女性たちは裸の者もいれば、申し訳程度の水着を着ている者もいる。

火野は「今日はここでみんなでしようか」と提案すると、北山玲奈が「勝手なことをしては担当官さんに叱られます…」と止める。

しかし北山玲奈にキスをして、その気にさせる火野。

風呂場で始まるメイティングを見ながら、火野の担当官である石動寧々子(いするぎ ねねこ)は自身を慰めていた。

《この辺からチ〇コが映らないだけでだいぶエロいシーン始まるので割愛。乳首はバンバン映る。エロ本じゃないかな? という展開。》

 

「怜人さまっ! コーヒーをお持ちしました!」

翠はボディーガードのはずだが、家政婦のように怜人の世話をしてくれていた。
研究を進める怜人だが、実験をしないことには前に進まない。そのためには研究施設が必要だった。

その頃怜人の妹であるまひるは、難民ホームに来て嗜好品、お菓子などを子供たちに配っていた配給があるので食べるものには困らないが嗜好品は足りていない。

まひるが嗜好品を手に入れることができるのは、UWに知り合いがいるかどうか、だった。そのことで落ち込むまひるに難民ホームのおばさんは
「世界から男がいなくなってUWが統治してからは歴史上最も平和な時代らしいよ?」
とまひるに話す。
男がいなくなったことで悲しむ人もいるが、そんな側面もある、とまひるを元気づけた。

「女の喜びもなくなったけどね」

その会話を聞いて、伊藤というやせこけたおばさんが割って入る。
伊藤はいつも酒を飲んでいるようで「あたしが飲まなきゃ酒が寂しがる」と言っている。

しかし難民ホームのおばさんには「男が死んでめそめそして悲しんでいる」と本心がバレているようだった。図星をつかれ、酒瓶をおばさんに投げつける伊藤。

伊藤が去った後、こぼれた酒などを片付けているとおばさんから
「隣の区で生きている男を見た人がいたんだって!」
という噂を聞く。

すぐに兄の怜人のことだと察しがつくが、周防に「極秘事項」だと説明を受けていたためになんとかその場を乗り切るまひる。

研究を続けていた怜人が気づいた時には、既に朝だった。

「もう! 怜にぃまた徹夜!?」

怜人の部屋にまひるが入ってくる。怜人はまひるが朝まで何をしていたのか質問するが、まひるは難民ホームにいたことを怜人に明かさなかった。

怜人はその様子を見てそれ以上追及せず、「あんま無茶するなよ」とだけ言った。

まひるはずっと寝ていた怜人が無茶をして倒れないか心配だ、と伝えるが怜人は「ずっと寝てたんだ。これくらい大丈夫だよ」と明るく答えた。

頑張る怜人を見て、まひるは怜人の頬にキスをする。

「急に何すんだよ!?」
「元気の出るおまじない! 何そんな照れてるの? 昔もよくしてたじゃん!」

とまひるはあまり気にしていないようだった。

怜人の荷物を見て、まひるは絵理沙が昔持っていたというぬいぐるみをみつける。
絵理沙の研究室でみつけたと伝えると、まひるはぬいぐるみの中からスマートリングをみつけた。

怜人はまひるに「誰か来たら知らせてくれ」と言って、スマートリングを持ってトイレに向かった。監視カメラの有無を確認、無いと判断するとスマートリングのスイッチを入れて…映像を確認する。

そこには絵理沙が映っていた。

「怜人…? 見てるのが怜人だったら良いんだけど…。」

スマートリングからの映像は誰でも見ることができる。絵理沙は見ているのが怜人だと信じて話し始めた。

絵理沙はある場所でMKウィルスの研究をしているらしいが、そこで恐ろしい事実に気づいたという。

「MKウィルスは自然発生したものじゃない。
人が作り出したものよ」

→終末のハーレム2巻を無料で読んでみる!←

マンガ・雑誌タブで「終末のハーレム」と検索!

9話 格差

『MKウィルスは人が作り出したもの』
という絵理沙の言葉を聞いて怜人はショックを受けていた。

絵理沙の動画は続く。

「怜人…この世界は欺瞞に満ちているわ。ウィルスに関する情報を入手したけど、誰も信用できない…。
怜人に会いたいよ…!」

泣きながらそう訴える絵理沙の映像で、動画は終わった。

「絵理沙!!」

動画に駆け寄る怜人。
そこへまひるの声が聞こえてくる。周防が来たようだった。

 

何事もなかったかのように出る怜人。監視されていたのかと思ったが、周防はそれよりも怜人が睡眠をとっていないことを指摘する。

怜人が希望していた実験施設の使用許可が下りたことを伝えに来たようだった。
しかし技術長官と直接面談の上で最終的に判断が下されるらしい。午後からUW本部に行き、面談することになった。

「ちゃんと寝てくださいね」

と言って、周防は部屋を出ていった。

周防を見送った後、まひるから「そのスマートリング絵理沙ちゃんのだったの?」と聞かれたが怜人は「ただの空のリングだったよ」と嘘をついた。

怜人の心には「MKウィルスは人が作った」という言葉がずっと渦巻いていた。

 

車でUW本部まで移動する。前に周防・朱音が座り、怜人の隣には翠が座っていた。窓から見える町並は以前通った難民地区と比べるとだいぶ豊かに見えた。

この町ではUW職員とコールドスリープで生き残っている男性の家族が住んでいる、と周防が説明する。

「資源には限りがありますから…」と付け加える周防。

難民地区が荒れ果てた理由を聞くと、周防は少しずつ説明する。

MKウィルスが蔓延し始めた頃は、情報が錯綜し男たちによって色々な暴動が起きた。その後街にはにおびただしい死体ができ、そのまま街に放置されてしまっていたらしい。

ウィルスの蔓延を防ぐために死体は特定の地域に集められ火葬が行われた。
そんな背景を持つ場所は廃墟と化し誰も近づかなくなったらしい。

UW本部の技術長官室前、緊張する様子の怜人を「怜人サマ! 頑張ってください!」と励ます。

周防や朱音・翠も中に入ろうとするがUW職員に止められてしまう。部屋に入るのは怜人ただ一人、と譲らずそれが長官の指示らしい。担当官である周防すら入れなかった。

 

怜人が1人で部屋に入ると、イスに座り怜人の方を見ない女性がすぐに見えた。部屋の窓からは外の世界が一望できるようだ。

「後ろを見な」

怜人が部屋に入るなり、長官だという女性にそう言われ振り向くと…入口近くに控えていた黒服の女性がいきなり怜人にスタンガンを向ける。

バチッ! と電気が走り、怜人はそのまま意識を失った。

怜人が目を覚ますと、手足を椅子に拘束され身動きできない状態だった。
怜人の顎をつかみ、
「へぇ…こいつがヘタレ肉バイブか」
と見知らぬ長髪の女性の言葉が聞こえる。

怜人はまだ意識がもうろうとしていたが、お構いなしに女性は話し続ける。

「好きな女のためにメイティング拒んでるらしいじゃねぇか。
この状況でも…同じことが言えるかな?」

彼女の後ろには、首輪をつけられ息が荒くなっている裸の女性が4人…床にはいつくばるようにしていた。皆一様に怜人のことをじっとみつめている。

「誰も見てない…存分にサカるがいいさ。
さて…あんたにも元気になるお薬注射しとこうか…!!」

女性はピンクの液体が詰まった注射器を怜人に向ける。

(この辺もまぁエロいんですよ。なんだこのエロ本展開は)

→終末のハーレム2巻を無料で読んでみる!←

マンガ・雑誌タブで「終末のハーレム」と検索!

10話 取引

「うぅっ…!」
スタンガンの衝撃から未だ立ち直っていない怜人の前に、何も身に着けていない女性が4人集まってくる。
4人とも物欲しそうに怜人をみつめている。

長髪の女はクスリを怜人に注射しようとするが、怜人がまだ服を着ているのを見て

「ったく…ちゃんと脱がせとけよ。
おら! さっさと剥いて差し上げな!」

と言って女たちをけしかける。

その声を聞いて、女たちは怜人に群がった。

「こいつらには特製のクスリを打っているからね。
今なら確実に孕むよ」

怜人の上半身を裸にし、怜人の乳首を舐める者も出てくる。
※この辺クッッッソエロいんで割愛します。

声を上げる怜人を見て、注射を持った女は「ちゃんと感じてるんじゃないか」とご満悦だった。

金髪の女が怜人にまたがろうとしたとき…

ドガッ!

「ばーか、こっちが先だよ」

そう言って金髪の女は蹴り飛ばされてしまう。

 

「さぁ…これを打てば、お前は肉バイブ様だ…!」

「やめろおおおお!!」

 

突然部屋の電気がついた。

「怜人サマを傷つけることは許しません」

翠が長髪の女の手を掴み、にらみつける。

そしてUW本部の者であろう女性2人が部屋に入ってきた。続けて周防と朱音も部屋に入ってくる。朱音はすぐさま怜人の脈を測り、問題無いことを確認した。

翠の力で手足の拘束も壊されていく。

UW本部の女性が「人民管理は私の仕事です! 勝手なことをしないで!」と注射を持っていた女に注意するが、女は聞く耳持たないようだった。

UW本部の年配の女性が「何でも自分の思い通りになると考えるなよ」と釘をさす。

「またな~肉バイブくん」
と言って、裸の女たちを引き連れて女は去って行った。

その後国務長官室に場所を移す。

年配の女性は国務長官の鬼原(きはら)という者だった。
その部屋に集まっている4人の女性と、先ほどの注射器を持っていた女性は技術長官らしい。

怜人をUW本部に読んだ理由を聞くと、窓の方に呼ばれる。

「この世界をどう思う?」

と意見を求められ、怜人は正直に「色んな意味で異常ですよね…」と答える。

国務長官からあるお願いがあるという。
そのお願いを聞いて…怜人や周防たちも困惑した。

「わかりました…。いくつか条件を出していいでしょうか」

怜人は条件付きで、国務長官の話に乗ることとした。

まひるが難民ホームで子供と話していると、国から臨時放送が始まった。

「世界臨時放送を始めます。
本日は世界の皆様に重大な報告があります。この世界で生きられる男性がみつかったのです。

ご紹介しましょう。水原怜人さんです」

→終末のハーレム2巻を無料で読んでみる!←

マンガ・雑誌タブで「終末のハーレム」と検索!

11話 世界宣言

怜人がカメラ越しに全世界に向けて自己紹介をすると、難民ホームの女性たちも過去の映像ではなく、本当に生きている男なのか…とざわつき始める。

まひるはそれを見て難民ホームを飛び出した。

 

怜人は放送で、コールドスリープから目覚めたこと、理由は不明だがMKウィルスへの抵抗力を持っているらしいということ、そして希望は捨てずにいて欲しいことを伝える。

「僕はMKウィルスを駆逐する特効薬を作るつもりです。みなさんのご協力をお願いします!」

そう言って頭を下げる。

怜人の放送をみつめる、フードを被った女の姿があった…。

 

これで怜人は担当官と警護同行であれば外出の許可がもらえるようになった。また、MKウィルスの研究施設も使えるように手配してくれるらしい。
火野恭司を始め、残り4人については秘匿するよう厳命される。

別の長官に
「約束は守りなさいよ? 眠っているお兄さんのケアをちゃんとして欲しいならね」
と忠告されてから、部屋を後にした。

まひるからテレビ電話がかかってきて、怜人の放送について咎められる。
「相談くらいしてくれたっていいじゃん! 怜にぃが危ない目に遭う確率上がっちゃうし、友達に怜にぃはコールドスリープしてるって言ってるのに…私がウソつきになっちゃうよ!」

と文句を言って、まひるは一方的に電話を切った。

怜人は隣に座る周防にも謝る。

しかしこれで堂々と研究を進めることができる。「これでもうこそこそしなくてよくなりました」と言うと、周防に

「橘絵理沙さんも探せますしね?」

と図星をつかれる、怜人が慌てると周防はクスッと笑った。

「水原様がそこまで大切に想っている方がどんな方なのか、私も会ってみたいです」

怜人は静かに決意を固めた。
『UWの人たちが何を企んでいるのか、誰がウィルスを作ったのか…絶対に突き止めてやる…!』

 

UWの長官たちは会議をしていた。
怜人の存在を世界に明かしたことで、本部が今後どう動くか…など議題は尽きない。怜人の存在を明かすことで日本のUW本部が主導権を握ることも可能だと、国務長官は息巻く。

怜人に注射をしようとした技術長官は「研究施設をタダで使わせるのが癪だった」から少しからかっただけのつもりらしい。

No.1、火野の担当官ある石動(いするぎ)はよく働いていた。
火野は既に100人近い女性とメイティング済みで、そのうち28人が受胎を確認されている。

それを聞いて技術長官の女が
「それに比べてNo.2は全然ダメだな! 周防はあのフニャチンのために用意したってのに…無駄骨じゃねーか」
と文句を言う。

No.3はメイティング環境を変えることになっているという。担当官は神谷花蓮(かみや かれん)。
花蓮による提案だった。

部屋で足にボディクリームを塗る花蓮の下にテレビ電話が入る。

「あと数日で計画開始です。これだけの環境を用意したのだから任務を果たしなさい」
それに対し花蓮は

「もっちろん☆ 任せてください!
地球イチのラッキーボーイの種馬生活! このカレンちゃんがカンペキにプロデュースしちゃいます!」

とポーズを決めて答えた。
(ここ乳首出てる。出る必要は無いと思うが乳首見られるので許そう。)

→終末のハーレム2巻を無料で読んでみる!←

マンガ・雑誌タブで「終末のハーレム」と検索!

12話 ありふれた光景

2040年某所
人々が労働から解放された時代になり、教育機関の数は大幅に減少していた。しかし一部の高校や大学はエリートを養成する場としてその形を残していた。

いつの時代であっても、人が集まればそこには上下関係が生まれる。

土井翔太(どい しょうた)は学校のトイレで、複数人の男女にいじめられていた。
「早くしろよドジイ」
そう言って、声優の映像を見ながらオナニーをしろと強要する男たち。男たちの内のリーダー格の彼女であろう女はタバコを吸っていた。

Q's(きゅーず)の桐原ちなみ、という声優の動画を見ながらみんなの前でオナニーをしろと言われても、できるものではない。
いじめるグループの中にも桐原ちなみのファンがいたようだが「アニオタじゃん! キモいんだけど~~!」と女は大笑いしていた。

「早くオナニーしろよ。何度言わせんだよ」
「ム…ムリだよそんなの…」

ゴッ!

「ぐっ!!」

土井がそう断ると頭を蹴り飛ばされてしまった。

「お前見てると無性にイラついてくるぜ。続きはまたな」

そう言ってエリカという女にタバコをもらい、まだ煙が出ているタバコの先を土井の足につける。

「うああああああ!!」

 

土井が廊下を歩くと、ズボンが濡れているせいで水滴がしたたり落ちる。
他の生徒はそんな土井をただ見ているだけだった。

高松グループにいじめられている

ということは全校が知っているようなものだった。汐音(しおん)という女の子もまた、土井のことを見ていたが「かわいそー」と興味無さそうに口にするだけだった。

1人の男子生徒とすれ違う。彼は土井に一瞬目を向けて、気まずそうにすぐ目を逸らした。

彼も土井と同じQ'sが好きな者同士だった。彼の方が先に高松たちにいじめられていたが、土井が彼を助けたことで今度は土井自身がいじめの標的になってしまった。

『へっ 馬鹿みてー…』

土井自身ですらそんな自分を嘲っていた。

 

土井はピアノを習っていた。教えてくれるのは、メガネをかけて黒髪が長くてきれいな先生、生徒からは「ゆず先生」と呼ばれていた。

土井の様子がおかしいことに気づき
「先生で良かったら聞くよ?」
と土井のことを気遣う。

「僕がみんなからなんて呼ばれてるか知ってますか? ドジイですよ。どんくさくて白髪が多いから、ドジなジジイで、「ドジイ」と言われてるんです」

ゆず先生はそれに何も言うことができない。なんと言えばいいかわからなかった。

「私にわかることもあるんだよ。土井くんはどんくさくなんかない。賢くて強い子だと思う」

土井は自分の目をまっすぐ見てそう言ってくれるゆず先生の言葉に驚いた。驚いてつい目を背けてしまう。

その時、急に胸がズキッと痛くなった。最近身体が痛くなることがあり、そのせいかと考えていた。
ゆず先生にもそう伝えると、ゆず先生は、自分のおでこと土井のおでこを合わせて熱を測る。

「そうね…ちょっと熱っぽいみたい。今日はもう帰りなさい」

ピアノはそれでお開きになった。

その後土井は病院に行き、診察を受ける。

「ご家族に連絡して大きな病院に行った方がいい。
君がかかってる病気は、細胞硬化症という」

→終末のハーレム2巻を無料で読んでみる!←

マンガ・雑誌タブで「終末のハーレム」と検索!

13話 第3の男

土井は病気のために休学することになった。
その事をゆず先生からクラスのみんなに伝えるが…クラスの誰も真面目に聞いている者はいない。

教室の前で1人ずっと床を見つめ続ける土井。そして誰もゆず先生の話を聞かず、土井の方を見ずにそれぞれ話し続けるクラスメイト。

「致死性の病気で、特効薬はまだない。少なくとも数年はコールドスリープする必要があるだろう」

医者に言われた言葉を思い出し、『なんで僕が…!』と悔しく思う。

ゆず先生にクラスのみんなに挨拶できるか尋ねられるが、クラス内はそういった空気ではなかった。

「はーい、汐音(しおん)です。すぐ出まーす
今から仕事なんで今日はもう帰りまーーす」

そうして席を立つ者までいた。それを皮切りに他の生徒も塾があるとか部活があるとか言いながら次々に席を立って行った。

「じゃあなードジイ死ぬなよーー」
「元気でねーー」

とだけ言葉をかける者もいたが、すぐに別の話題に切り替わる。

ゆず先生の「ごめんね土井君…」という言葉が、余計に悲しく感じさせた。

土井は先生にお礼を言って学校を後にした。

 

土井が中庭を通って帰ろうとすると、

「あっ あん あっ うっ あっ」

という女の声が聞こえてくる。

中庭でエリカと高松がバックでセックスしているところだった
※セミカラーの醍醐味。チンコは映らないけど他はエロ本と変わらん。
はい、割愛。

ちょうど終わったところで、土井は高松にバレてしまう。

「違うよ…たまたま…!」
と弁明するが、そのまま腹を蹴り飛ばされる。

「見てんじゃねーよ! くそドジイ!」
倒れたところをエリカにも蹴り飛ばされる。

「なんかヤバイ病気で入院するんだって? 童貞のまま死んでいくなんて残念だったな」高松はつばを吐き捨てていった。

「マジきも」
エリカは土井を蔑むように見て、去って行った。

『こいつらこそ…こいつらみたいな奴らこそ死ねばいいのに…!』

家に帰ってベッドに横になりながら、コールドスリープから目覚めた後は高松たちと会わずに済むと思えば悪くもないかもしれない…と考えるが

どうして僕が

という思いは消えなかった。

そこへ妹のマユからテレビ電話がかかってくる。
父は仕事で不在。別れた母について行った妹は入院中だった。妹が言うには土井のことを心配していたらしい。

「お兄ちゃんごめんね。お見舞い行けなくて」
「別にいいよ。お前の方も早く薬が開発されると良いな」

妹のマユとの会話で、土井は初めてその日笑顔を見せた。

コールドスリープに入る直前。誰も見送りには来なかった。土井の身体にはいじめにより受けた傷跡が所々についている。

『目が覚めたら…目が覚めたら少しはマシな世界になってますように…』

そう願ってコールドスリープについた。

「おめでとーーーございまーーす!!」

パン!!

次に目を開けた時、女の子がクラッカーを鳴らしていた

「なんっ…!? え!? 誰!?」

「初めまして! あなたの美少女担当官カレンちゃんで~~す☆
たのしーたのしー高校生活っ! やり直してみませんかぁ?」

→終末のハーレム2巻を無料で読んでみる!←

マンガ・雑誌タブで「終末のハーレム」と検索!

14話 新生活

(唐突な女子生徒の着替えシーン。カラーじゃないけど乳首は見える)

「さっき職員室通った時に聞いたけど、明日らしいよ」

「えっ来るの!?」

「緊張してきたかも」

「私だったらどうしよう~~」

「ないない!」

「え~~ひどい~~」

 

金髪ロングヘアーのウキウキ楽しそうな花蓮に案内されるままに部屋に入ると

「ここが翔太さまのお部屋です☆」

とベッドが2つある部屋に通される。花蓮(かれん)によれば元は2人部屋だったらしい。

土井翔太は花蓮から「様」づけされることに慣れず、やめてもらおうと花蓮に言うが花蓮は
「翔太様に失礼があったらカレンが怒られちゃいます」と言ってやめなかった。

土井の荷物を整理しようとするのも止めるが、花蓮は翔太にくつろぐように言う。
かがむことでパンツが見えてしまい…土井はなんだか気まずくなった。

土井は既に花蓮から世界の状態について説明を受けていた。
花蓮はUWから派遣された翔太のお世話係だという。大人ではなく、同年代の子が世話係になっているのは自分を警戒させないためだろうか、と考えていた。

『僕は貴重な存在ってことになるんだろうけど、まだ信じられない…』

年を聞くと「年はナイショです☆」と言われてしまうが、カレンとはこれから一緒のクラスらしい。
カレンは本当は5歳下か、と予想する。

『そもそも僕は何歳になるんだ? 18歳か? 23歳扱いか??
身体はそのままだけど…』

コールドスリープに入る前と見た目は全く変わっていなかった。

土井の父は、土井と同じくコールドスリープされたらしく一応は生きているらしい。
アメリカにいる母とマユのことを尋ねると、カレンは少し言いづらそうに

「世界情勢が不安定で外界との通信は制限されているんです…」と話す。

「翔太さまはにはこの寮と学校のみでの行動が許されております☆」

笑顔でそう続けるカレン。抵抗力を持っているとはいえ、まだ外にはウィルスが蔓延している状態なので外には出られないらしい。

「不便があればこのお世話係になんなりと☆」

短いスカートの端を持ってぺこっとおじぎをする。
土井はパンツが見えていることが気になってしまった。

 

 

教室に入る前、ドキドキしてしまう。カレンにもそれがわかったのか「挨拶は元気よくですよ☆」と声をかけてくれた。

ドアが開くと…中には女の子しかいなかった。ざわつく教室。

カレンが「転入生を紹介しまーす!」と言って、土井を伴って黒板の前に立つ。
土井は顔を上げないまま、下を向いたまま
「土井…翔太です…。よろしく、お願いします…」
とあいさつをした。

5年たった今も同じ学校に通うのは、土井がストレスをなるべく感じないようにするためらしかった。カレンの話は胡散臭い部分があったが、自分を気遣っていることは確かだと感じていた。

土井自身は、キツネにつままれたような気分が続いている。
この世界から99.9%の男が死滅したと聞いても実感が湧かなかった。
しかし…コールドスリープから目覚めて…本当に男がどこにもいなかった。

土井の知っている人もいない。ゆず先生も、いじめから助けた彼もいなかった。

『って5年も経ってるんだから当たり前か。いじめていたあいつらと会わずに済むのは良かったけど…』

前の席に目を向けると、ブラウスの下に下着しかつけていないようでブラが見えている。
恥ずかしくなって目をそらすと、隣の席の女の子と目があった。女の子は顔を赤くして軽く会釈してくれる。

土井はやはり恥ずかしくなって逆の方を向いた。

『こんな環境…! 充分ストレスだよ…!!』

そう考えていると、ふと後ろの席のカレンに背中を叩かれる。

「授業の後、ちょっと付き合ってくれませんか?」

廊下をカレンの後をついて歩くが、どの女子生徒も土井を振り返った。
世界が大変なことになっているときに勉強などしている場合ではないと思うが、カレンが言うには

「この世を動かすエリートは必要ですからね☆」

らしい。

「せんせーおまたせー!」

カレンに連れられて入ったその部屋には…5年前とほぼ変わらない様子のゆず先生がいた。

「土井くん!」
「先生…!」

「良かった…!」
ゆず先生は出会ってすぐに土井を抱きしめる。

「土井くんはきっと治るって信じてたよ。先生言ったでしょ? 土井くんは強い子だって。」

土井が先生にお礼を言うと、会話を聞いていたカレンは

「じゃあせんせー、翔太さまにご褒美あげなきゃね。
そうだよね? ゆずせんせっ?」

と笑顔で先生に迫る。

ゆず先生は何かを覚悟したように「え…ええ」とだけ返した。

カレンはその後「やることがありますので!」と言って、先に部屋を出ていった。

ゆず先生は土井の手をぎゅっと握り
「土井くん、今晩…時間ある? 色々と話したいことがあるの…」

番外編

いや…番外編のネタバレって言っても、ずっと裸で色んなポーズ取ってるってだけでさ…。
局部は見えないけど乳首は見えるよ! もちろん!

周防さんと翠ちゃんと朱音、そしてまひるの4人が一緒にお風呂入って色んなポーズを研究する話。

かわいいしエロい。カラーが良いね!!
描きおろしの周防さんの裸もまたきれいなので是非見て欲しい。

→終末のハーレム2巻を無料で読んでみる!←

マンガ・雑誌タブで「終末のハーレム」と検索!

終末のハーレム 2巻 感想

2巻も安定のエロさで1巻以上にエロい

なんだこれ。すごいエロさだった。

電車で読むと後ろの人の目線が気になるくらいに肌色率が高かったw これは本当に少年漫画なんだろうかw

ジャンプ+で連載しているときはそりゃ少年漫画だっただろうけど、こうやって電子書籍で読むと格段に…格段にエロい。びっくりするぜ。

iOS版のジャンプ+で途中まで読んでいたけど、エロいシーンはあえてカットされたりしていたのかな? まだ見たことのないエロシーンいっぱいあった。

この世界は男の人の夢みたいな漫画だな…w

怜人くんレイプの危機

拘束されて、媚薬も注射されてヤりまくるとか…まるでエロ同人じゃないか。

被害者は男性の怜人くんなところがエロ同人とは違うところなんだけども。1巻の時は

早くメイティングしろ!

と思ってたけど、今回みたく「無理やり」ヤらされそうとするのもなんだかかわいそうに感じてきてしまう…w 流されやすい私。

怜人くんの言う通り、1人でメイティングするよりもコールドスリープ中の男の人を目覚めさせた方が多くの男性がよみがえるから…その方が効率は良いよね。ただ上手くMKウィルスを撲滅できるかわからないだけで。

媚薬を打たれた裸の女たちが怜人くんにハァハァ迫って、怜人くんがレイプされそうになるなんて…これは人によってはとても性癖に刺さるのではないかしら。小学生が読んでいいものとは思えないけどw

UWのあの粗暴な女性は…あまり好きにはなれないけど、あーいう人がいるからこんなエロイベントも起きるんですね、と思えばまぁまぁ…。

そんなことより

絵理沙ちゃんの残した腕輪から「MKウィルスは人が作り出した可能性がある」って言われていたけど、この漫画の良さって

犯人捜し

じゃなくてエロさ重視だから…。もう犯人が人間だとしてもそこまで驚かない。
もちろん中身が作り込まれていた方が良いことは良いんだけど。

これで中身がフワフワしていたら、それはそれで台無しだもんね。

怜人くんは絵理沙ちゃんをみつけだして絵理沙ちゃんと子作りできるんだろうか。

私たちの土井くん

土井くんきたああああ!

あたしは土井くんが登場したあたりくらいまでしかちゃんと読んでなかったんだけど…。土井くんにはとても共感できるよ。

あたし女だけど。

土井くんはドジイとか言われてめちゃくちゃいじめられているけど、悪い人じゃないんだよ。

同じ声優が好きと言ったクラスメイトをそれとなく助けてあげたり、いい人ではあるんだ。
でもその良い人さを周りから下に見られるのが読んでいてつらい。

あのギャルっぽい奴と土井くんをいじめてる奴らが中庭でヤり始めた時…エロシーン的には「よくやった!」だけど、その後の展開としては最低だよ。

「見てんじゃねぇよ! キモ!!」
ってお前らがそんなところでサカってるからだろ…。見られたくないなら他行けよ。ラブホに行く金もない猿みたいな奴らのくせに、土井くんにあたるなよ。

土井くんは学校にも絶望して、細胞硬化症になって4~5年もコールドスリープすることになって…。両親も帰ってこなくて、たった一人で眠りにつく。

怜人くんも親がいないけど、まだ見送ってくれる人がいただけ良いのに…。

土井くんのそんなところがつらい。

でもこれから土井くんに幸せ待ってるから。3巻は土井くんのハッピーラブラブ学校生活かな!?

FODでポイントもらって実質無料で漫画を読もう!

動画配信だけだと思いきや、漫画も読めるFOD(フジテレビオンデマンド)。実は漫画が読みたい人にもオススメなんです。

Amazonアカウントで支払いすれば1カ月間無料になります!Amazon Pay(アマゾン ペイ)というやつで、Amazonで買い物したことがある人だったら、すぐに使えるしすぐに済むってのが最高…!

月の始めには毎回100ポイント付くし、「8」のつく日には毎回400ポイントが付く。

1か月に「8」の付く日は3回あるから、月初のポイントと合わせて毎月最大1300ポイントもらえる!

無料期間中に解約すれば、もちろんお金はかかりません。

無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができるので、お得に漫画を読みましょう!

終末のハーレムは600ポイントいるので8の日2回分です!

→終末のハーレム2巻を無料で読んでみる!←

マンガ・雑誌タブで「終末のハーレム」と検索!

Twitterでフォローしよう

こんなのもオススメですよ