とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話_R

鈴林です。とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話の感想込みネタバレです。

このブログではマンガのネタバレと感想をそれぞれ書いていたけど、これはエッセイだしネタバレとかそんな次元で書けない…! 感想=ネタバレになりかねないのでもう感想ということにする。

佐倉色先生のマンガは「さくらさく!」の頃から読んでいた。もうどこで読んだかは覚えてないけど…あたしがネットで漫画を読み始めた初期の作品だったし面白かったからとてもよく覚えている。そしてその後の事件のことも。

基本的に作家さんや出版社をツイッターでフォローしていなかったので、事の顛末などはほぼ知らなかった。だからこの本が書店で売られていた時、すぐに買うことにした。

しかし…そのまま積み続けて気づけばもうすぐ令和という時…! 積み本…ごめん…!

とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話

→とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話を読んでみる!←

荒波しか来ない

この漫画のあらすじを適当に紹介するなら

味方のフリしてやってきた編集者が実は敵で、主人公の佐倉先生に精神攻撃をかけ続けてきます。意図的、無意識…関係なく精神攻撃をかけ続けます。
そして「ねとらぼ」というネットニュース、角川編集部の編集長なども参戦して泥沼になります。

かな…。すごいざっくりしたあらすじだけど、間違ったことは言ってないと思うの。

漫画家さんのトラブルについてあたしは詳しく無いし、あまり積極的に知ろうとしてこなかった。

でも佐倉色先生のツイッターの「漫画家辞めたい」はリアルタイムで観ていた。

ショックだった。あたしには「桜色フレンズ!」のマンガや「さくらさく!」の連載が全てだったから、突然何があったのかと思った。あまり詳しく覚えていないけど、佐倉先生がやられた仕打ちを見て悲しくて何かリプライ…したような気もする。よく覚えてないけど。

このエッセイを読んでどうなったのかわかったけど…本当に…角川ってダメなんだね……。悲しい。角川系列から出るラノベや漫画好きだったのに、余計に悲しい。

これからは角川系列の本で何かミスやそれらしいものがあったら、まずは編集部や編集者を疑おうかな…と思うくらいには信用が無くなった。

この感情は佐倉先生にとって「意図しない」ものかもしれないけど…こんなん見せられて「角川大好き! 何しても許す!」なんて言えね~~…。

もちろん仕事のできる人も、良い人もいるんだろうけど、その人たちは「ドル箱作家」の相手をしているんだろうか。

人は成長するものだし、失敗を経て進化するものだしあたしだってそうだけど…やっていいことと悪いことがありますやんか‥‥!

他人の功績に頼って生きてきた人

これに尽きる。

なんてひどい話なんだ。読んでいて佐倉色先生と同じようなツッコミしか出てこないくらいにひどい。担当のボーノさんはこれまでにどうやって生きてきたのか悩むほどにうざったいし仕事ができない人間だと思う。

ある時まで自分の周りには仕事ができる人・プライドを持って仕事をしている人・できなくても努力して頑張ろうとする人…ばかりだったけど、ボーノさんのように

他人の功績に頼って生きてきた人

もいるのだと最近強く感じる。

昔は大人だと、働くようになるとみんな立派になるものだと思っていた。できなかったとしても、努力を重ねて成長していずれ「できる」ようになるものだと思っていた。

でもボーノさんたち「他人の功績に頼って生きてきた人」は違う。自分でできないこと、わからないことに気付かずに目をつぶって全部周りの誰かに任せて生きてきている。

それが彼らの処世術と言ってしまえば済むのかもしれないけど、それを被害を被る周りからしたら迷惑でしかない。

本来やらなくても良い「足枷」の人の仕事を背負って、自分の仕事もしなければならない。

 

他人に頼るのが上手い、とも言えるけどボーノさんはその点が異常だと思う。そして「こうすれば佐倉先生は助けてくれるだろう」というのがわかっているのがまた質が悪いと感じる。

「全く自覚のない悪」ではなく、少しは自覚がある分厄介だ。

自覚が無い部分もあるから謝罪にも真剣味が混じる。だからこそ佐倉先生だって折れたんだろう。佐倉先生がずっと「自分だって悪いのかもしれない」って自分にも非があるかもしれないって思い続けているのが偉いと思う。

あたしにはこれができない。そして誰にも相談しようとしないのも…もうここまで行くとすごい。

もちろん相談した方がいいことではあるけど、ここまでため込むことができるのもある種すごいと思う。しかし壊れる前に誰かに…おじいちゃんとかに…相談して欲しかった。

何かをつくる人なら読んだ方が良いもの

新人漫画家に起こった~…というタイトルだし、これから漫画家を目指す人なら絶対に読んだ方が良いものだと思う。

何かを「つくる」人にとって、お金をもらうことよりも「つくることができる」ことの方が嬉しいのは理解ができるけど…度を越すと大変なことになってしまう、という実例を知るべきだ。

そして目の前の人物からの「当たり前」が本当に世間一般での「当たり前」なのかどうか疑う心が必要だと思う。

佐倉色先生は漫画家になりたてで、自身のこれまでの生活もあるのと作家の知り合いがいないということでボーノさん以外誰にも相談できなかった。

誰かに相談した方が良いこと、ではあると思うけど…果たしてこれは「業界のことを何も知らない人に相談しても解決する問題」なのか?

 

仮に佐倉色先生がおじいちゃんや信頼のある誰かにボーノさんや角川、ねとらぼの悪行を相談したとして…業界のことを知らない側からしたら

「その人たちが『当たり前』って言うんだったらそうなんじゃないの?」

って片付けられてしまう可能性もある。フレネミー…じゃないけど、心底佐倉先生のことを思って「負けないで!」って言う可能性だってあるんじゃないだろうか。

あたしなら…そんな返しをしてしまうかもしれない。

みんな生きてきた道が違うから各々の考えを持っているわけだけど、門外漢だからこそ適当なことを言ってしまいそう。

 

だから佐倉先生がツイッターやブログで思いを打ち明けて、作家さんや元編集者、そして現役編集者の方から助言をもらえたのは本当に良かったと思う。きっかけ…と考えるにしてはダメージがデカイけど、それでも超有益。

狭い世界にいると「洗脳」されるようになってしまう。だからこそフリーランスの職業であればあるほど、多くの人と触れ合って自分の立ち位置や考え方を修正していくことが大事だと思う。

色んな意味でこの本は有益だと思う。

合間のネコで癒されよう

佐倉先生ご本人も本の中で「文字が多くて…」って書いているけど、本当に文字が多いw

鈴林
コナンか!w

ってくらいに文字が多い。というかコナンより多いかもしれないw

でも漫画もあるし、あたし個人としては読みやすかった。文字じゃないとどうしても説明できないこともあるし、こんな表現方法もあるよね! と思える。

ちょいちょい出てくるネコがとてもかわいい。

ファンの方だったり、佐倉先生の味方側として描かれる時にネコが出てくるけどこれがまたかわいい。そして飛鳥新社のHさんがタヌキになってるけど、タヌキもかわいい!

佐倉先生が飼っていたというコーギーもかわいい。

読んでいる途中、展開的に悲しくなるけどその動物たちで癒されたw

コレを読むならイーブックジャパンが楽

他の漫画やラノベも多く読めて、かつ機能がわかりやすいeBookJapan(イーブックジャパン)が良いと思う。

他のと違って、月額いくら~とかレンタル期限が~とか無料期間とか無いし、

会員登録にお金かからない!機能自体もシンプル。

初めて買う人はキャンペーンにエントリーすると買った本の50%分のポイントが還元してもらえる。

↓これね

ラノベも漫画もエロイのも大体なんでも揃ってるので、欲しいものはほぼここで買えるはず! ラノベは特に本で揃えると重いし場所取るから電子書籍で買うのが良い!

→とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話を読んでみる!←

Twitterでフォローしよう

こんなのもオススメですよ