鈴林です。アラフォー賢者の異世界生活日記3巻の感想とネタバレを書いていきます!
3巻は、2巻よりも面白かった!やっぱりゼロスが色々とどこかに行ったり、魔法の戦闘があった方が面白いよね。

2巻はファーフラン大深緑地帯でずっと特訓していたイメージしかない。ツヴェイトやセレスティーナも頑張っていたんだけど…どうにも「同じことを繰り返してるなぁ」という印象がぬぐえないんだよね。

でも!3巻は面白かったよ!2巻を飛ばしたら面白さが半減するので、ナナメ読みでもいいから2巻も読んでからがオススメw

☆をつけるなら…4.2くらい??

 

これ以上って感じも、なんかなぁ。でも4から下をつけようとは思わないかも。それくらいに読みやすくて面白いから、あたしは好き!

アラフォー賢者の異世界生活日記 ネタバレ 3巻

→アラフォー賢者の異世界生活日記3巻を読んでみる!←

強くなったアラフォー賢者の弟子

もう~~、このシーン読むために2巻読んでたってくらいに好き、努力からの勝利!wこの辺だけちょっとジャンプの原則に近い気もしてしまう。

セレスティーナが一番わかりやすいかもしれない。魔法が使えなくて「無能者」って言われていたけど、魔法を使うときになってその凄さを全員に見せつけるという逆転。
無詠唱での魔法だし、先生もびっくりですよ。

ツヴェイトも進化、というか良くなった。1巻でルーセリスに猛アタックしていた時には恋愛症候群と洗脳もあっておかしくなっていたけど、ゼロスの元で修業して、ファーフラン大深緑地帯で死の間際で戦って…強くなったよ!w

ウィースラー派の筆頭、ウィースラー家の次男サムトロール・イヴァ・ウィースラーが良い感じで愚かな悪役になっている。ツヴェイトとサムトロールの軍事戦略会議…というか机上の空論会?の時は特に、「ツヴェイトの自慢」っぽさが強く出ている気がする。

…するんだけど、それもずっとじゃないから大丈夫。やっぱり「「「」」」という大勢でのセリフのカギカッコは好きになれないわ。

ファーフラン大深緑地帯に行ってきたことを、自ら公言するのも主にツヴェイトかな。一応ウィースラー派に所属しているのに、サムトロールに逆らって大丈夫なの?とも思ったけど、相手は次男だし、どうやら一族の理念ともかけ離れてるようで、サムトロールには崩壊への道しかない。

今後は「まとも」だというサムトロールの兄とかが出てくるのかな。魔法が使えなくて悩んでるって言ってたから、セレスティーナと同じような感じで使えるようになって、そしてソリステア派に合流する形かしら。

ツヴェイトが洗脳されていたのはサムトロール達のせいだったとは思わなかった。というか魔法学院の生徒でも洗脳なんてできるんですね。そして学院内で他者に魔法を使うのはダメだったのか…。てっきりそこは無法地帯だと思っていた。意外と秩序あった。

ブレマイトからの魔力も察知できるようになっているし、サムトロールが執心している広範囲殲滅魔法についても「実行不可能」だと理解できるまでになっている。優秀な人に教わり、そして正しく研鑽すればこうなるのかしら…という2次元の不思議。

しかし、サムトロールの挿絵がおじさんにしか見えないんだけど…一体いくつなんだろう?

ソリステア兄妹 次男のクロイサス

クロイサスの挿絵が少なくてイメージがいまいち固まってないんだけど、メガネでイケメン風ということはわかった。そしてイー・リンちゃんと仲が良いということ。この2人はなんだかんだと結婚まで進んでしまうタイプじゃないかしら。

きっとイー・リンちゃんの方がクロイサスのことを好きだと思うなぁ。ゼロスと似ているけど、実践はしたくない人種ってのもわかったwそこもゼロスと一緒だったらどんな会話をするか楽しみだったのに。

クロイサスが実家に帰っていたら一体どんな会話をしたのかすごく気になる。帰れよ!!何してんだよ!!!

でもツヴェイトやセレスティーナがゼロスから教わってやっと理解した魔法文字のことを、自分自身でみつけだすなんて…なんという研究者。ある前提によって作られた理論や法則を研究していたけど、息詰まったらそもそもの「前提」を見直す…。

こーいうところがとてもゼロスと気が合うと思う。クロイサスもゼロスの弟子になったりしないかな。兄妹3人でゴーレムとの訓練をやるところとかすごく見たい。ゼロスの教え方が上手かったり表現が上手かったり、知識が深いのもあるけど、元々はソリステア兄妹の学ぼうとする意志がすごいから、なんだよね。

ゼロスがツヴェイトとセレスティーナに魔法と戦い方を教えたおかげで、クロイサスとツヴェイトの仲も良くなるなんてなんという効果。ゼロスが暇つぶしと趣味で作った指輪についてもちゃんとレポート書いてるのがかわいい。

もしまた学院の長期休暇があったらクロイサスも戻るだろうし、楽しみだな!!

ドワーフとのお仕事と敵?

ドワーフのナグリのところでバイトをするとは言っていたけど、こんなに急に来るとは思わなかった。というか本当にバイトするとは思わなかったwてっきり言うだけかと…。

流れの速い川の上に橋を立てる、ということで流れについての説明や、「ここにどれだけ橋を立てるのが難しいのか」ってのを説明してあるけど、正直よくわからなかった。仕組みとか本当想像できない。途中まではいけるんだけど、そもそもどんな地形なのか上手く想像できない。

それでも理解できるから、大丈夫だよ!!w

ハンバ土木工業の人らが仕事のときにミュージカルばりに動くのは何なんだろうw危ないけど仕事はしっかりしているという謎の動き。ドワーフはミュージカルが好きなのかなwアニメ化したときに絶対困るやつでしょw面白そうだからいいけど!

そしてあらすじにも出てくる敵…というかキメラ?邪心石のアミュレットを持ったことで、ずっと空腹状態になりアミュレットに汚されてモンスターに成り果ててしまった傭兵たち。ゼロスも死を近くに感じるくらいってんだからとっても強いよね。

あのキメラ的なやつを倒すときもそうだけど、黒幕っぽい黒衣の魔導士って…こいつも転生者っぽいよね。ゼロスのこと知ってるっぽかったし。というかゼロスと互角ってレベルが近いってことだよね。つまり1800レべルに近いということ。

ゼロスとは別の国に飛ばされて、ゼロスとは違う思想を持っている、ということかな?こいつとの再会とか、近隣の国とのきな臭い感じも楽しみ。ゼロスがいるから特に心配も無いんだけどね。「あの頃のゼロス」というか強い魔法を使いまくって戦いまくるのが楽しみである。

 

→アラフォー賢者の異世界生活日記3巻を読んでみる!←

大迫聡の過去

2巻でもイリスに説明するためにちょっと紹介されていたけど…大迫聡の姉、大迫麗美(おおさこ れみ)は…なかなかのゴミだな。農業の生活をだいぶ長く続けていたって言ってて、異世界に居る時点で40歳だから…会社をクビになったのは30代くらいなのかな?

主任でもあったし、海外出張もするくらいだからバリバリ働いていたんだろう。仕事をしない人生を考えていなかったっぽいし、仕事は楽しくもありキツくもあり、というところだったのかな。辞めたいとは思ってなさそうだった。

外面の良い姉のせいで迷惑を被ってきて、日常生活ならまだしも仕事の方でも邪魔されるなんて…たまったもんじゃないよな…。日常生活だってもちろん嫌だよ。周りは全部姉の味方だっていうし、でも家では好き放題やるし。ストレスたまるよ。

独身寮に行って、海外出張にも行って、解放されたと思ったら姉のせいでクビだもの。裁判沙汰にもなっているし会社にも損害が少なからず出ただろうから、責任を取るためにも辞めないといけないし…。読んでいて辛かった。

農業を始めてからも訪ねてくる根性もすごいけどね。いやいやどこまでたかる気なんだよ。というか返せないのにどうして借金をしてしまうのか。野垂れ死んだりして、ソリステア王国の敵国に姉の麗美が転生している…という展開がありそう。

そうなったらゼロスも率先して戦いに参加してくれるしね。ウィンウィンの関係!!w

農村に移りすんだ弟を頼ってきたけど、大迫聡に論破されるところは読んでいて楽しかった。ざまぁ!!ここまで姉の話をするってことは今後出てくるのかなぁ。確かにその方が面白そうだけど、ゼロスかわいそうだわ…。

ちょこちょこ出てくる3人娘

ゼロスと同じく転生者のイリスと、ショタが大好きのレナ、そして見た目はがさつだけど実は小心者のジャーネ。

この3人娘、正直これからあんまり出てこないのかなって思ってたけど意外と出てくる~~~!こいつらが居ないと女っ気が無いからかな。ルーセリスは戦いについていくわけにもいかないし、セレスティーナも学院があるし。

ジャーネとルーセリスはゼロスのこと好きっぽいけど…これはまだ火種って感じだしこれからどう転ぶのか、って感じかな。まだ特に誰も何もしてない。なんとなく、この3人があまり好きではないんだよね…。

こいつらと一緒だと、あんまりゼロス戦わないし。なんとなく…なんとなく好きになれない。

なんだか「ゼロスを頼るキャラ」にも見えるし「ゼロスをわかりやすく引きたてるキャラ」にも見えて、こいつらの良いところがあまり見えてこない。個性が弱い…?のかなぁ。なんかこいつら自身に面白みが湧かない。私だけかしら。

ニワトリも弟子

ワイルド・コッコというニワトリの卵のために悪戦苦闘する辺りとか、お米を作るために…そして日本食を何とか再現するために頑張ってるのは読んでいて楽しいwゼロスは「誰かのため」とかじゃなく基本的に自分のために色々作るよね。

それが結果として世界に広まって、みんなハッピー!みたいになる。この流れ好き。ゼロス自身は世界を救うとかお金に頓着してないのが好感持てる。

ワイルド・コッコとはゼロスが戦うんだろうな、そしてゼロスが勝って飼えることになるんだろうな、と思ったけどワイルド・コッコの上にグラップラー・コッコとかスナイパー・コッコとか色々進化系がいるの面白かったw

そして全員戦うのが好きという戦闘ニワトリ!wレベルが200くらい、というからこの異世界ではなかなか強い方だよね。でもゼロスはレベルが1800を越えてるから9分の1だけど。だから戦っても全力とまではいかなかったのかしら。

コッコたちが弟子になったことで、雑草抜いたり虫を食べてくれるという農業をやる上で大切な人員も増えたし、お客さん来たら呼んでくれたりするし、良い家族…というか家畜??弟子?を持てたよねw

魔法の実技研修の時にもコッコたちはついていくらしいから、どんな風になるのか楽しみ!w

黒の殲滅者の格好で

正装で来るように言われたからって、強そうな装備をしてしまうところがゼロスだわ。ゲームする上でアバターのおしゃれさとか全然気にしなさそうだもんね!w気持ちわかる!!w装備しているのが全部すごく強くて貴重なものってのはわかった。

でもその装備で学院の警備をすると…生徒に何かしらバレてしまうのでは…?それにツヴェイトとセレスティーナも師匠であるゼロスが来るなら嬉しいだろうし、クロイサスも嬉しいだろうし…!グラップラー・コッコたちもいるしね!w

4巻が楽しみになるわ!襲ってくる敵には勝てそうな気しかしないから全く心配してないwなんとかなりそうw

大体何でも読めてオススメなのがコレ!

他の漫画やラノベも多く読めて、かつ機能がわかりやすいeBookJapan(イーブックジャパン)がオススメです!

他のと違って、月額いくら~とかレンタル期限が~とか無料期間とか無いんだけど…

会員登録にお金かからない!機能自体もシンプル。

初めて買う人はキャンペーンにエントリーすると買った本の50%分のポイントが還元してもらえる。

↓これね
本が安く買えるというクーポンを配っているわけじゃないんだけど、キャンペーンは本当に多い。

Yahoo!ジャパンIDと連携すると、何かもらえるとかポイントもらえる!ってのは賞品がよく変わる。前はマグロが当たるのもあったw

クーポンを配らない代わりにキャンペーンが多いですね。この漫画今安いよー!ってのが頻繁に更新されてる。読むのに悩んだりしたら探すのも手!

アプリで読むのが便利で、他の電子書籍と違って背表紙で集められます。ホントに「電子本棚」を持っている感覚!

こんな感じですね。背表紙が繋がってる系の漫画といえば…ドラゴンボールくらいしか思いつかないけど…w全く無いわけではないんだよね。背表紙で集められるのうまい。

ラノベも漫画もエロイのも大体なんでも揃ってるので、欲しいものはほぼここで買えると思う!

→アラフォー賢者の異世界生活日記3巻を読んでみる!←

Twitterでフォローしよう

こんなのもオススメですよ