いじめっ子といじめられっ子のビターな恋物語 1巻_R

鈴林です。いじめっ子といじめられっ子のビターな恋物語1巻の感想とネタバレです。

pixivコミックで読んでいて面白いと思ったから単行本も買ってたんだけど…単行本で読んでみると思った以上に…だった。

まとめて読むとぶつ切りで読むのは違うんだね。勉強になった。

いじめっ子といじめられっ子のビターな恋物語 ネタバレ・感想 1巻

→いじめっ子といじめられっ子のビターな恋物語 1巻を読んでみる←

いじめっ子といじめられっ子のビターな恋物語 ネタバレ・感想 1巻

いじめっ子といじめられっ子のビターな恋物語 1巻 ネタバレ

1話 不幸の上限

学食のラーメンに、ゴキブリ・カナブン・そしてプリンを乗せられてそれを食べることを強要される小鳥遊雪音(たかなし ゆきね)。

雪音は同じクラスの結城奏汰(ゆうき かなた)にいじめられていた。

「ほら、お前のためにトッピングしてやったんだ。泣いて喜べそして食え」

雪音は8歳の時に交通事故で母を失った。そして10歳の頃から現在に至るまでいじめを受け、雪音は不幸を感じていた。

学食でいじめられた後は屋上に呼び出され、女の子であるにも関わらず顔を殴られ鼻血を出す。その様子を楽しそうに見て「記念に写真撮ろうぜ」と話す奏汰たち。

その日家に帰ると、顔に傷を作っている娘のことなど見えていないかのように父親から「これから出かけるよ」と声をかけられる。

これから再婚相手の人達との食事会だそうだ。雪音は帰宅早々、荷物だけ置いてすぐに出かけた。

そして父親の再婚相手とその連れ子と出会う。再婚相手の連れ子は、雪音をずっといじめてきた結城奏汰だった。

雪音はその時不幸に上限が無いと感じた。

会食の中で雪音の父親は「雪音ってもう高校生だったんだね」と言われ驚く雪音。そして奏汰の母親も「奏汰なんて心底どうでもいいもの!」とネグレクトぶりを張り合いだす2人。

次の日、奏汰は雪音をプールに沈め昨日のことを誰にも言わないように口止めしていた。真冬のプールに雪音を沈める奏汰に、取り巻きも少し不安を感じていた。

そして雪音の家に奏汰たち親子が越してくることになった。引っ越して来て早々、奏汰は勝手に雪音の部屋に入り「イライラしているから小鳥遊を一発殴ろうと思って」と言って雪音に馬乗りになる。

その後奏汰は、馬乗りになったまま雪音の髪を触り…雪音に頭突きをして部屋を後にした。

2人の両親は新婚旅行でこれからモルディブに行くと言う。その間、ずっと2人きりになってしまうことに雪音は不幸に上限が無いということをひしひしと感じていた。

2話 大雪の夜に

いじめっ子の奏汰と2人で過ごすことになり、コンビニにご飯を買いに行くよう言われる

買いに行くも「こんなんで足りるか」など文句を言われ、結局5回も買いに行くことに。

停電した時に奏汰に抱きつかれる。奏汰は暗闇が怖いらしい。しかしあとでボロクソにひどいことを言われてしまう雪音。

3話 正義の味方

休みの日、奏汰の友達が女を紹介しろと言ってきたらしく雪音も連れて行かれる。

カラオケで両脇に初対面の男。カラオケで90点以上出さないと殴ると言われるも、結局75点だった雪音。羽交い締めにされ、マイクで頬を殴られる。

カラオケの後お金を払うように言われ、コンビニで万引きするよう強要されるもすぐに店員にみつかる。

店員の名前は、小田切蒼空(おだぎりそら)。

雪音が男たちに脅されてやったこともわかったようだった。

4話 初詣での再会

初詣に着物ででかけるも、奏汰の取り巻きの女にお年玉をカツアゲされる雪音。そこに蒼空が現れて助けてくれる。

着物姿もほめてくれて嬉しい雪音。奏汰はそんな雪音が気に入らなかった。

5話 菓子一個ぶん

バレンタインの時期、蒼空にお礼を兼ねてチョコを渡そうと学校にチョコを持ってくると案の定、奏汰たちに目をつけられてしまう。

奏汰から「こいつがチョコをあげたいのは藤村だ」と食いしん坊のクラスメイトを適当にあてがわれてしまう。

しまいには藤村から「小鳥遊さんのことはクラスメイト以上に見られない」と勝手にフラれてしまい、奏汰達からはチョコがわりだと言って泥水をかけられた。

街で藤村から「どうしてもあげたかったのなら僕がもらってあげる」とチョコをたかられている時に、偶然蒼空たちが通りまた助けてもらう雪音。

蒼空の友人の助けもありなんとかチョコを渡すことができた。

雪音が家に帰ると奏汰の母から、奏汰が体調を崩して帰宅し吐いたことなどを伝えられる。その際母親が

「最悪よね~」

と言っていたことに対し、雪音は「そんな風に言わなくてもいいじゃないですか!」とつい怒ってしまう。

6話 看病

具合の悪い奏汰を放っておけば元気になった後に何をされるかわからない、ということで何かと世話を焼く雪音。

それに対し奏汰は冷たい対応だった。雪音はそれに負けず、おかゆを作ったり奏汰の体を拭いてやるなど色々と努力する。

7話 勇気

帰り道に奏汰の取り巻きにまたしてもいじめられている雪音。

そんな雪音を助けてくれたのは蒼空だった。蒼空に何度も助けられることはありがたいと思うが、しかし申し訳なさも感じる雪音。

そう蒼空に伝えると「独りで抱え込まず、もっと自分を頼って欲しい」と言われ涙が溢れてくる雪音。

雪音は蒼空の言葉を受け、勇気を出して奏汰と会話しようと試みた。

→いじめっ子といじめられっ子のビターな恋物語 1巻を読んでみる←

いじめっ子といじめられっ子のビターな恋物語 1巻 感想

ネタバレを書くことも苦痛…

これまでの漫画はネタバレ書くような内容じゃなくても書いてきたけど、こればっかりは書いてて胸糞悪いのですごい雑になった…。

なんだよこの漫画…。

不愉快だった...

Pixivコミックで読んだ時は絵もかわいいし、話も面白いじゃんって思ってたけど...この漫画ただただムカつく。

というか不愉快。

雪音ちゃんがずっっっっっっとかわいそうだった。奏汰ひどすぎじゃん。

Pixivコミックでぶつ切りで読んでいる分には

絵柄かわいいな〜。この2人がくっつく?んだろうな〜

と思ってたしこの漫画の感想書くのも楽しみだったけど、単行本で読むとここまでムカつくんだな...。この先の展開も読んでるから知ってるけど、それにしたってムカつく。

ギャグっぽく描かれてるけど、奏汰が雪音ちゃんにしていることは最低のいじめだ。
蒼空が助けてくれるようになって本当に良かった。

ラーメンに虫入れて食べさせようとしたり、殴ったり、悪い男友達と引き合わせて殴らせたり、コンビニで万引きを強要したり、お年玉をカツアゲしたり、大雪の中何度も外に買い物に行かせたり

なんでこんなことしてる奴と恋愛関係になるの???

雪音ちゃん心優しいってか心バグってない!?

雪音ちゃんが心配になるわ。そして奏汰はどんな理由があろうとやっちゃいけないことをしまくってて読んでてイラつきしかなかった

どうしてこんな漫画を買ってしまったのか自分にも疑問だわ。

この漫画の作者さんはいじめっ子だったのか??とかそんなことも考えてしまう。

この漫画はリアルな感じじゃないし、フィクションだし、あたしが書いてるような感想を言うのがおかしいのはわかっているけどそれでも嫌だ。

読んでて楽しくなかった。
愛も無いいじめをただただ見せられてなんで楽しめるのか。

この漫画を読んで、特に奏汰が雪音ちゃんをいじめている描写を見て笑えてきた人はいじめっ子だったのかもしれないね。

絵はかわいいけど内容は全くかわいくない。
これの2巻買ってあるんだよなぁ...。それが悲しい。

親もクズ

雪音ちゃんの周り大概クズだけど、親さえも敵なのがまたかわいそうなんだよ。
配偶者に先立たれた悲しみはあたしにはわからないけど、自分の息子が具合悪くなってるのに

「最悪よね〜〜〜」

って....。頭おかしいでしょ。

雪音ちゃんのお父さんも自分の娘が高校生なの忘れてるし。お前の精子からできた子どもだぞ。

再婚が嬉しいのはわかるけど、子供のことを蔑ろにしすぎてこれもまたムカつく。

読んでいて感じたけど、この漫画は本当にあたしに合わないみたいだ。
登場人物ほぼ全員嫌い。

雪音ちゃんと蒼空くんだけはまともであって欲しい。

いじめっ子は死ね。

コレを読むならイーブックジャパンが楽

他の漫画やラノベも多く読めて、かつ機能がわかりやすいeBookJapan(イーブックジャパン)が良いと思う。

他のと違って、月額いくら~とかレンタル期限が~とか無料期間とか無いし、

会員登録にお金かからない!機能自体もシンプル。

初めて買う人はキャンペーンにエントリーすると買った本の50%分のポイントが還元してもらえる。

↓これね

ラノベも漫画もエロイのも大体なんでも揃ってるので、欲しいものはほぼここで買えるはず! ラノベは特に本で揃えると重いし場所取るから電子書籍で買うのが良い!

→いじめっ子といじめられっ子のビターな恋物語 1巻を読んでみる←

Twitterでフォローしよう

こんなのもオススメですよ