どうも鈴林です!!やっと読みましたわ…w発売が2月なのに私が読み終えたのは4月…w時間かかりすぎぃ!!wそれもこれもドラマをたくさん見てしまったせいだわ…!

魔法科高校の劣等生の21巻!!動乱の序章!\(^o^)/

ずーーーーっとこれは、上・中・下巻の3巻構成かと思ったけど、違うようですね。よかった…。中巻って「次は!?次は!?」ってなるから我慢ができないというかなんというかww次の巻でひとまず動乱の序章は終わるんだね。

この巻でも新キャラが続々登場。深雪と達也さまが3年生になって新一年生が入学。

三矢詩奈(みつや しいな)ちゃんと、矢車侍郎(やぐるま さぶろう)くん。

詩奈ちゃんは十師族の三矢家のお嬢様。侍郎くんは詩奈ちゃんの幼馴染で詩奈ちゃんの護衛を自称する男の子。この2人と達也さま・深雪の関わりが次巻に大きく関係ありそう。

残念なのは…ほのかと雫の出番がほぼほぼ皆無ということ!!幹比古も少ない。エリカはちょっと出番あるけど…。レオなんて名前も出てこない。美月も出てこない!ちょっと寂しい!

魔法科高校の劣等生 21巻 動乱の序章編<上>

→魔法科高校の劣等生 21巻を読んでみる←

戦略級魔法 トゥマーン・ボンバ

この巻で明らかになったロシア…ではなく新ソ連の戦略級魔法。

使用者は、イーゴリ・アンドレイビッチ・ベゾブラゾフ。

こいつの名前めちゃ言いづらい…!!どうしたらいいんだろうwwwベゾブラゾフと呼ぶにしても長くてタイピングしづらいwww

このトゥマーン・ボンバは一条家とやりあった時にもやはり使われたみたいだね。これのせいで一条剛毅さんが負傷してしまう。負傷と言っても、魔法演算領域のオーバーヒートらしい。

これは…魔法演算領域無いからわかんないけど、ドラゴンボールで例えるなら「気を使い過ぎて」ってことかな。ナルトで言うなら「チャクラを使い過ぎて」って感じ??使い過ぎるとナッパ戦の天津飯みたいに死んでしまう。

一条剛毅さんは、なんとか死ななかったけど…魔法を使えるようになるまで戻れるのかしら。四葉家継承編で関わった夕歌さんが出てくる。絵は無いけど、こんな風に出てくるのは個人的に好き。

トゥマーン・ボンバって…達也さまの解説を元に考えると…

本来魔法って、自分の魔法演算領域、つまり頭の中で組み上げて作るものなんだよね?古式魔法とかは呪符とか祭壇とか外にあるもので代替するけど、基本は頭の中。

頭の中で組み上げたものを、外に出して魔法として使う、が一般的だけどトゥマーン・ボンバは「チェイン・キャスト」という名前もついた通り「ちょっとずつ中身が変わっているけど似てるものが量産される」っぽいね…。

トゥマーン・ボンバそのものは、ガスを爆発?させるものっぽい。でもその前にチェイン・キャストでたくさん作って、一気にドカン!って感じ???

爆破

家で想像してたけど…本来は設計図を元に家を作るけど、トゥマーン・ボンバのチェイン・キャストは土地に先に家を建ててしまうし、その後似たようなデザインの家がどんどん出来上がっていく…??的な??w

何て言うんだろう…うまく説明できないwww要は…微生物とかウィルスみたいに勝手に増えてく、というようなイメージで良いのかしら。難しい。

達也さまも夢中になるチェイン・キャスト

達也さまが考えに夢中になって気配を察知するのがおろそかになるなんて…かわいいと思ってしまった…!達也さまが、そこまで夢中になるものがトゥマーン・ボンバには秘められていたのか。

実力ですよ

http://mahouka.jp/special/icon.html

国防軍の要請で支援に向かって、雲散霧消(ミストディスパージョン)で敵の魔法を無力化することはできたけど次はそううまくいかないかもしれない。と考えて対抗策を練るなんて…もう達也さまかっこいいすごい。

そしてベゾブラゾフもめちゃ察し良いやん。自分の魔法を無力化されたことで、グレート・ボム、マテリアル・バーストを使った魔法師と同じ者だと考えるなんて…。伊達に名前が長いだけではない。

気軽に引き起こされる<戦争>

今回の新ソ連の日本侵攻は

魔法師だけでは戦争できないっていくら説明してもみんな聞いてくれないしなぁ…。

そうだ!実際に戦闘になれば、普通の兵士もわかってくれるよね!

って感じで始まってる。読んだ人はわかっているとは思いますけど、もちろんこんな会話は無いwww

戦争

コンドラチェンコさんが一体何歳くらいなのかはわかんないけど、すごい立場の人ということはわかった。だって首相しかコンドラチェンコさんに命令できないってヤバいっしょ。ベゾブラゾフさんも戦略級魔法師として、新ソ連の大事な戦力だし発言力は大きいだろう。

この2人の会話に出てくる「ドラキュラ」って今後関わってくると思うんだけど…どうだろう!!意外と達也さまの知り合いだったり??w

ドイツのカーラ・シュミットさんとウィリアム・マクロードがの会話にもあるように、世界の魔法師に対する排斥は無視できない問題のようだよね。新ソ連は「ウチは大丈夫!」って感じだけど…。

この魔法師排斥運動がきっかけで、日本侵攻が始まったも同然だし仕方ないけど日本を巻き込んでほしくないよね!!w勝手にしてくれ!

襲われる佐渡、負傷する一条剛毅

↑でも書いたけど、佐渡は再び新ソ連から狙われ…たように見えた。近くを怪しい船がうろうろするってだいぶ怖いよね。しかもこの時代だと、数年前にも新ソ連(と思われる)から敵兵が来て一般市民も殺されているし…。

その時の武功があって一条将輝はクリムゾン・プリンスと呼ばれているけど、そんな武功よりも新ソ連から故郷を守ろうという気持ちが強くなるのは当然だよね。だって蹂躙されるのを黙って見ているなんて嫌だし。

海

ここで一条家は独自に軍…というか団体を指揮して向かうけど、こーいうところは七草家や四葉家と違うよね。もっと調べたり、挑発しないところが一条家って感じがする。そして船に乗り込んでしまってからの感じも…もっと何とかなっただろ、感がすごくあるんだよね…w

油断はしてないと思うけど、もっと考えてくれよとは思ってしまう。勝ちを急いだ、というか結果を急ぎ過ぎた感がある。

ここでもトゥマーン・ボンバは使われている。そしてその魔法から船に乗っている皆を助けるために魔法を使ったせいで一条剛毅さんは、魔法演算領域がオーバーヒートしてしまった。なんというか…キャラとは言え申し訳ないけど

「すごいヤバいくらいの知恵熱」ってことだよね!そーいう印象!!w

新一年生の詩奈ちゃんと侍郎くん

詩奈ちゃんかわいいね!!wクラスのみんなにも人気があるようだし、良きかな良きかな(*´ω`*)七草の双子もかわいいけど近寄りがたいし、深雪についてはきれいすぎるし四葉家だしで余計に近寄りがたかっただけに詩奈ちゃんは「人懐っこそう」な雰囲気も相まってクラスでも人気。

対して侍郎くん…。石田可奈さんの挿絵www侍郎くん…!まるで…まるでニートのような見た目!!!w魔法の無断使用を達也さまに咎められてるとこで挿絵あるけど、ここの逃げてるとこの絵がwww完全にニートみたいwww

顔もヤバいやつって感じだしwww笑ったわwwwカラーのところの方がまだマシに見えるwww

詩奈ちゃんと侍郎くんは…お互いの事好きとかなのかしら?それにもまだ気づいてない感じ?侍郎くんは達也さまみたいに、「一つの魔法に演算領域のスペースを取られている」ような状態らしい。

よくわからないけど、元々狭い部屋しかあてがわれてないから物置けないよね、状態というかなんというか。

→魔法科高校の劣等生 21巻を読んでみる←

盗聴しちゃうゾ!

侍郎くんは…ちょっと突っ走りすぎだよねwwwもうお前も生徒会入りたいとか言えばいいのに言わずに盗聴するっていう!そのせいで侍郎くんは入学相応に罪に問われるところだった。

ヘッドホンとスマホ

この会話の中で、深雪が表情を崩さずに詩奈ちゃんに交渉…というか提案というか…話していてさすが深雪と思ったわ。詩奈ちゃんの護衛、ということであればこの侍郎くんの魔法無断使用は「雇用主である三矢詩奈の責任」ということにある。

でも侍郎くんは正式な護衛ではない。あくまでも、侍郎くん自身の意志で盗聴しようとしているし魔法の無断使用をしている。泉美ちゃんの言う通り、十師族と関わりがあるものであれば、処分が甘くなるなんて広まったら困るのは十師族だ。

子どもがそうなんだから親もそうだろう、とか色々と言われかねない。侍郎くんが三矢家に関わりのある者であればこそ、より厳しい処罰が下るだろう。

ここで庇ってあげるのが詩奈ちゃんの優しさだよね。侍郎くんが「頼んでないぞ!」って怒った時は「こいつ…!」と思ったけど、自分の行動が詩奈ちゃんのマイナスになりかねない、とわかれば盗聴とかしないでしょ。

エリカと侍郎くん

エリカって…第一高校でそこまで美少女と言われていたのか…!美月は!?そしてレオはエリカと噂になっても良いくらいに仲良いけどそこはどうなの!?w少しも描かれなかった…!!

エリカを千葉家の戦姫、千葉家の令嬢と知って手合わせというか稽古をつけてくれるように頼む侍郎くん。侍郎くんも…強くなろうとしている。達也さまにやられちゃったしね…。

「普通この状態に追い打ちかけるか!?」という彼のつぶやきにちょっと笑ったものwww達也さまにそーいった「普通」ってきっと通じないし、害になるのであれば叩き潰すでしょう。戦いに「普通」とかは邪魔だよね。

エリカ アイコン

http://mahouka.jp/special/icon.html

エリカは直感がすごいね!!それくらいに剣技がすごいということでもあるけど、天性の才能もあるんだろうなぁ…。侍郎くんは実は念動力も持っているようだしそれも戦いに活かせればより強くなれる。

剣術部という部活にも入れたし良かったよかった!(*‘∀‘)

エリカと侍郎くんで話題になってるのは笑ったけどwwwwエリカの話題性すげーーーー!めちゃ人気やん!!wこの噂のおかげで侍郎くんは詩奈ちゃんにヤキモチ?焼いてもらえたし、ある意味では役得w

ある意味では損w

詩奈ちゃんが次の巻でのキーパーソン

十山つかさ(とおやま つかさ)によって…恐らく詩奈ちゃんがさらわれて、救い出すために達也さまや深雪をいぶり出そうという計画なんだろうけど…。これ成功するんかな??詩奈ちゃんはまんまと利用されそうだけど…。

こんな計画、四葉家からしたら完全に迷惑だし、何なら十文字家とも関わり持つのをやめそうな雰囲気なのに…。顔からして怪しいからなぁ…。

詩奈ちゃんがさらわれそうな事件が起こることで、侍郎くんやエリカ、そして達也さまと深雪がどうなるのかが楽しみ。(ホントに下巻で終わるんだよね?中巻無いよね??w)

 

水波のラッキースケベ

この巻での印象は深雪とどうこうよりこっちの方が大きい!!

まさかの達也さまがラッキースケベではなく…水波ちゃん!!!w君とは!!達也さまがトゥマーン・ボンバ、チェイン・キャストのことを考えるのに夢中になっている時に…うっかり風呂上りの達也さまを見てしまうなんて!!

まぁタオルは巻いてたけど。ちっ。

着替えて部屋に行ったら水波ちゃん土下座してて笑ったwww読んでる小説の影響とはいえwww「深雪様を差し置いて…」ってセリフも受けるwww

まだ深雪と達也さまは婚約者と言えど、「そーいう」ことはしてないからね!水波ちゃんの気持ちもわかるwww

それを聞いての達也さまの返しにはすごいドSを感じた…。達也さまかっこいいいい!

17話 最恐達也さま

こんな目はしないだろうけど…w

http://mahouka.jp/special/icon.html

「自分の仕事もできずに、罰を与えてもらえるなどと思うな」

って…超Sじゃん!!!かっこいい!!!似合う!!!w達也さまとしては罪悪感を感じてはいるけど、あたしとしてはすごいかっこいいと思いました!!!w水波ちゃんが読んでる小説にもきっと似たようなセリフがあると思います!!!w

異性として意識する

深雪は、兄としてではなく達也さまのことを「異性」、「婚約者」としてより強く意識するようになった。今までは兄だったから、頭を撫でられても抱きしめられても何か線があったけど、今は婚約者。恋愛対象者。

だからなのか、手が触れ合ってめちゃ照れてる深雪…かわいい!!!!!

達也さまは、そこらへんの無自覚主人公とは違って本当に「??」という風だとは思うけど…w水波ちゃんは…めちゃ気まずいだろうに…。

察するわ…w

混乱する世界情勢

南ボリビアらへんでシンクロライナー・フュージョンが使われたことで、魔法師に対する考えは「アンチ魔法師」が圧倒的優勢。魔法師という力を持った人がたくさんいることで、力を持たない人は皆不安になっている感じ。

それに伴って、戦略級魔法を所持する国々も緊迫している。ブラジルがあっさり「俺ら戦略級魔法使ったんだわ」と認めたことで、他の国もそれに続くのでは??という不安。

そんなこともあり、USNAは「グレート・ボム使用者の確保」作戦を再開させることになった。リーナは元々その作戦のために日本に行ったけど、他の事件が起こってそれどころではなくなったしね…w

しかし、USNAにさらっと確保される達也さまじゃないだろうし…USNAはだいぶ被害を受けるのではと考えている。

達也さまはブリザードを使った!!

十文字克人と七草智一(さえぐさ ともかず)によって集められた「アンチ魔法師に対してどうしたらいいか若いみんなで柔軟に話し合おう」の会。もちろんホントはこんな名前じゃない!w

この会の中で「見目麗しい女の子にテレビに出てもらって魔法師のイメージアップをはかろう!」というすごく安易な考えが出てしまい、始めは「妖精姫の真由美は?」となったがその流れで「四葉家の深雪はどうだ」という流れになった。

そこでの達也さますげーーーー。ぐうの音も出ない正論!

吹雪_R

 

しかし場の雰囲気は最悪だ!!w

あくまでもこの会議は考えを出すだけだし、強制力もない。それに四葉家が従う道理はない。そして達也さまの言う通り、魔法の力を持っていながら仕事に就いている人は居る。消防士や警察官、既に社会に貢献している人を差し置いて「十師族の期待のアイドル!○○ちゃんです!」とか言われても…人気は一時的なものだろうし、何より同じ魔法師から嫌われそうではある。

監視者:エドワード・クラーク

この会議を監視しているのが、エドワード・クラーク。あれ…このエシェロンⅢって…確か七賢人のシステムだったよね…???

その開発者はアメリカ人か~。そしてアメリカ国家、というかUSNA国家への愛が強い人。この会議で達也さまが孤立してしまったことを見ている。

もしこの場に深雪や光宣(みのる)くんが居たら、きっと達也さまを支援してくれたと思う。それくらいに、この場での発言はちょっと急だし安直だし、水を向けられた側としては困るものだ。

この場が凍り付いたのを利用して…達也さまに何かされてしまうんだろうか(´・ω・`)ていうかこのエドワード・クラークなら、マテリアル・バーストを撃ったのは達也さまってバレてそうだけど…、ど、どうなんだろう???

次の巻は発売いつなのか書いてなかった…!!!夏かなぁ…!!

→追記:6月9日らしい!!楽しみだ!!6/9(金)だね!帰り道に買おう!!w

細かいことは気にしないでコレが読みたいんだ!という人には…

細かいことは気にしない!良いから早く読みたいんだよ!という方には、機能がシンプルなeBookJapan(イーブックジャパン)がオススメです!

他のと違って、月額いくら~とかレンタル期限が、とか無料期間とか無いし、ぶっちゃけクーポンもしょっちゅうくれるわけでも無い。

しかし、会員登録にお金はかからない!機能自体もシンプル。

初めて買う人はキャンペーンにエントリーすると買った本の50%分のポイントが還元してもらえる。↓これね

本が安く買えるというクーポンを配っているわけじゃないんだけど、キャンペーンは本当に多い。Yahoo!ジャパンIDと連携すると、何かもらえるとかポイントもらえる!ってのは賞品がよく変わる。前はマグロが当たるのもあったw

クーポンを配らない代わりにキャンペーンが多いですね。この漫画今安いよー!ってのが頻繁に更新されてる。読むのに悩んだりしたら探すのも手!

 

アプリで読むのが便利で、他の電子書籍と違って背表紙で集められます。ホントに「電子本棚」を持っている感覚!

こんな感じですね。背表紙が繋がってる系の漫画といえば…ドラゴンボールくらいしか思いつかないけど…w全く無いわけではないんだよね。背表紙で集められるのうまい。

→魔法科高校の劣等生 21巻を読んでみる←

Twitterでフォローしよう

こんなのもオススメですよ