続けて読めたぜ!鈴林です!

「今日からマのつく自由業」…トントンって読めるとホント楽しい…!ユーリかわいいよユーリ。

あ、これは私がネタバレしつつも感想書いてく流れなのでよろしくね!!

2巻では、船に乗ってモルギフを探しに行く辺りで終わってるからこれはその続きから。ヴォルフラムが船苦手だからってダンスパーティーにはコンラッドと参加ですよ!コンラッドと!!!

一応「一等客船」という良いとこの部屋に泊まってるからダンスパーティーの参加は必須なんだって。上流階級故というか…人と触れ合うことは大切…なんだねwユーリは完全一般市民だから、そもそもパーティーに出たくなかったけどw

「パーティー フリー画像」の画像検索結果

 

ダンスの練習って言ってコンラッドと踊り出すところとか、チークタイムは揺れていればいいってなってコンラッドと身を寄せあってるところとか…ざわざわするじゃねーの!!

良い感じじゃねーの!!!w

それでは、最後まで楽しんでゆっくりしていってね!

ミス・上腕二頭筋とベアトリス

ユーリは人間界に居る時点でも十分顔かわいい…かっこいいと思うんだけどな…w上腕二頭筋がたくましい「女性」にダンスを誘われた後、たくさんのきれいな人がユーリを巡って争いになっててwwwさすがっすwww

ってかこの「女性」は女じゃなくて、グリエ・ヨザック、男だしコンラッドと同じく半分魔族。つまり魔王陛下の部下!

「ヨザック フリー画像」の画像検索結果

画像はアニメ版のヨザック

この時点ではまだユーリにバレてないとは言っても…陛下と踊ろうとするなんて、ギュンターからしたらビックリだよwww

ユーリと踊ることになるのはベアトリスちゃん。ベアトリスちゃんかわいい…!!あの水の精霊?の幼女の方が好きだけど、ベアトリスちゃんもカワイイ。

「こいのためならなにもかもすてられるひと」

これは…ベアトリスちゃん意味わからないで言ってますね。お母さんから聞いたのかなwヒスクライフさんの謎は後で解ける!

骨付き肉の恐怖

海賊が普通に横行しているのが、この世界の元々の治安の悪さがわかるところよね。コンラッドはユーリを優先しているから、ユーリをクローゼットに隠してくれるけと…

「俺が戻れなくても 許してくれ」

って…。これは、死を覚悟していたんだな。戦で強かったとしても、どうしても多勢に無勢にはなってしまう。ユーリを守ることが、コンラッドにとっては自分の命より大事だからこう言ったんだろう。

自衛隊 整列 セーラー服|mns0025-033

敵の海賊が本当にセーラー服、を着ているのが浮くね!!w確かにあれは船員の服だけど…スカートでなくてもいいじゃん!!w

この船の上の時にベアトリスが「このまま落ちてもいい」って言うところは悲しい。この時代をわかっているからこそのセリフ。これから自分がどんな道をたどるのか想像できているからこその言葉。

「骨付き肉 フリー画像」の画像検索結果

これでユーリはまた魔王化して、鳥の骨を操って撃退wwwww鳥の飼料を眞魔国から輸入していたからと言っても…骨かwww本当に食べるものって体に使われてるんだなぁwww

骨が動き出す様は確かに怖いねw鳥の骨で「正義」を形作るところ…コンラッドとヴォルフラムが無言なとこにまた笑うwww

[ad#1]

モルギフを手に入れに、いざ行かん

ヴァン・ダー・ヴィーア島…この響きどこかで聞いたことがあるような気がするんだよなぁ…。どこだろう…?一体どこで…?w

まぁともかく、モルギフを手にするために島に到着した一行。ヨザックのユーリへの接し方は…ギュンターは嫌いだろうねwグウェンの家のお風呂に着いた時にヨザックも入っていたから、ヨザックにはユーリの「息子」も拝まれている…w

 

これは…恥ずかしいものなの…?女だと恥ずかしいけど…男ってもっと…見せあっているものだとばっかり…!wだってトイレでもどうせ出すじゃん!見えちゃうじゃん!!!w

このモルギフ、魔剣で魔王にしか触れないから結構島のホラースポットみたいになってる。モルギフが埋まってる?入ってる水は魔王以外が振れればビリビリしちゃうくらい。

でもユーリはいけるんだよね!魔王だし!!w

フツーの高校生が魔王になった結果

ユーリは頑張ってはいるけど、普通の高校生。だから…「覚悟」とか「命をかけて」という感覚に乏しいのは当たり前。

でも、それでは眞魔国の民は納得しない。魔王陛下がどのような人であれ、魔王には従わなければならない。そういうものだから。逆らうということは国に逆らうということ。

ユーリがモルギフに恐怖を抱いても、コンラッドは優しく受け止めてくれるけど、ヨザックは嫌味を言ってしまう。これねーーー、どっちもキツイよね(´・ω・`)ヨザックからしたら、後にも出てくるけど「命を賭けるに値するか」ということを見極めたい。

でもユーリにはそんなこと関係ないと言えば関係ない。ずっとボランティアしてるような気持かもしれない。今まで日本で野球したり両親や兄と生活してきたのに、急に「魔王だ」と言われて異世界に来て、よくわからない変な剣を手に入れることになった…。

呪われるのも嫌だし、そりゃあパニックになるよ。

ルッテンベルクの獅子、とモルギフ入手!

コンラッドって前はもうちょっと髪の毛長かったんだ…!気になる…!よりイケメンっぽい…!!

ユーリが持ってるペンダントはスザナ・ジュリアのもの。船の上でユーリが魔王化するときにもちょっと出てるよね。この辺の謎?が解けてなくてあたしも気になる。

コンラッドってジュリアのこと好きだったと思うんだけど…。でもジュリアはアーダルベルトの婚約者。コンラッドがジュリアを好きだった、ということはない…?らしい…。

ユーリじゃなくてもワクワクするでしょ!!コンラッドってジュリア好きじゃないの!?気になるううう!!(*‘∀‘)ヨザックは国がどうとか、というのよりは身の回りの仲間を大事にするタイプなんだね。良いことだよ。

だからこそ、コンラッドがユーリを大事にしすぎる気持ちがあまり…わからないんだろう。

[フリー画像] 動物, 哺乳類, ライオン, 201106061100

ヨザックとコンラッドの話を聞いて、「ルッテンベルクの獅子」がどんなものかわからなくてもコンラッドのためにもう一度モルギフを取りに行くユーリは本当に偉い。

自分の可能性を信じている証拠だと思う。モルギフを「剣」だと思うから、怖いのであって、魔剣だし喋っても噛んでも普通!だと思えば…大丈夫!!w

しかし、ネグロシノマヤキシーってなんだろうwww

[ad#1]

空腹の魔剣のために

お腹が空いて元気の出ないモルギフのために死にそうな人を求めて病院を巡るユーリたち。剣には…アンパンマンでもどうにもできないよねw剣にパンあげて食べられるとも思えないしwww

天使の輪と羽のイラスト

死にそうな人を探していたら、「愛の天使」の異名をもらうヴォルフラムwww金髪イケメンで、ともすれば少女にも見えるしねwww行くところで人を生き返らせてしまったんだろうww

モルギフのためとは言っても、「人の死を前向きに待つ」というのはキツいだろうなぁ…。ユーリ大変すぎるぜ(´・ω・`)

兄弟の過去の恋愛遍歴を紐解いて欲しい!!

少しだけどこの巻にもグウェンダルは出てくる!!!w

今更だけど、グウェンダルってかわいいもの好きなことは兄弟みんな知ってるんだねwってか隠してはないのかなwwかわいいものを好きだということを、そもそも恥ずかしいことだと思ってないってことかなwかっこいい!!!

ギュンターは占いのために、赤トウガラシを油で熱したのか…。しかも大量にwwwペペロンチーノとか作る時にはやるけどwwwそれを大量にwwwいったいどんな占いなんだよwwやはり呪いの類ではwww

ギュンターは見た目はきれいなのに、占いのためなら子猫は犠牲になっても良い派なんだね…w意外…w

ギュンターの「逃がすかっ」のコマが好きwww

兄弟の恋愛遍歴を詳しく解説して欲しいんだけど…別売りとかでないかなぁwww

 

↓良かったら押してくださいっ

[ad#co-1] [ad#co-2]

Twitterでフォローしよう

こんなのもオススメですよ